『借りぐらしのアリエッティ』|鑑賞二回目。「CG」と「手描き」について思うこと

今日は「借りぐらしのアリエッティ」と
「インセプション」の二本を観てきた。

最初に観たのが「アリエッティ」。
二度目ではあるけれど、あまりにも良すぎて、
「インセプション」が霞んでしまった。

CGで造られた凄い映像を観ても、
全然感動しなくなった自分がいる。

例えばアニメで満月を描く場合、
コンパスを使うのと、フリーハンドで
描くのでは、なぜかフリーハンドの
いびつな月のほうに好感をおぼえる。

正しさという点ではコンパスの月のほうに
軍配が上がるのに、本当に不思議である。

手作り感とでもいうのだろうか。
ジブリはそれを狙ってやっていると
思うのだけれど、どうなんだろう。

ダンゴムシでお手玉をする場面でも
ポン、ポンという音を入れている。

そんな音するわけがないのに
「ジブリ映画ではするのだ。
これがリアルということなんだ」
と擁護したくなるから困る。

CGだと超高層ビルの屋上から
人間が落ちようが平然と観ていられる。

しかしアリエッティが植木鉢の上なんかを
ツルッと滑ったりすると、それだけで
ヒヤッとしてしまうのだ。(これは恋かしら?)

「インセプション」でこんなシーンがあった。
数百メートル先のビルに潜む敵を射撃したとき、
撃った直後に相手が倒れてしまう。
これはちょっとありえないだろう。

レーザー銃じゃあるまいに、弾が速すぎる。
仕事が雑というか、詰めが甘いというか。
制作費に何十億かけているのか知らないが、
こんなところで興ざめさせてはもったいない。

(その点「ハートロッカー」という映画は、
発射から着弾まできちんと時間をとっていて
リアリティを感じたものだ)

ビルの倒壊シーンでも、破片が飛び散るさまが
克明に描写されていたりする。でも実際には
煙がもうもうと上がって何も見えないだろう。

これを言っちゃあ身もフタもないけれど、
要するに実際にビルを造って壊したりするのが
面倒くさいからCGで済ませているのだろう。

そういう穿った見方しかできなくなった
ワタシの方にも問題があるのかも知れない。
だがそれでもいい。ジブリと共に生きるのだ。

「手抜きをしない手描き」には勝てない。
そう思っているのはワタシだけじゃないはず。

そうは言っても、映画ばかりは、実際に
観てみないことには分からないからなあ。
これからは予告編で判断することにしよう。

二度目の「アリエッティ」の感想

※多少のネタバレあります!

また泣いてしまった。恥ずかしい。
一度は、わけもわからずほほを
涙が伝わっていたという感じだった。

今回ツボにきたのは、大伯母の貞子が
ドールハウスのティーポットの底に
ハーブを見つけるシーン。

小人たちにドールハウスに住んでほしいという
父の願いが時間を超越して叶った瞬間。

それにより貞子は小人たちの存在を確信する。
その時「一度でいいから見てみたい」
などと言わず無邪気によろこぶだけ。
実に気品がある。いい人たちである。

その対極にいるお手伝いのハルさんが面白い。
今回観てファンになってしまった。
嫌われ役だけれど、悪い人じゃないと思う。

ホミリー母さんをめぐって激しい争奪戦を
繰り広げたにもかかわらず、翔とハルさんは
その後、何事もなかったような会話を
交わすのか思うと可笑しくなってくる。

あともうひとつ気づいた点があった。
アリエッティが角砂糖を返しに行くシーン。

網戸のところに置いておけばいいのに、
わざわざ角砂糖を床に放り投げる。
音がして、翔が振り向く。

そうか。アリエッティはずっと
外の世界と出会いたかったんだ。
あの人間の少年と話したかったんだ。

そういうことをするから、結局家を
出なきゃならないはめになるんだけれど、
じゃあ部屋の中にずっと閉じこもっていれば
よかったのかというと、そうとも
言い切れないところがもどかしい。

あれがあったから仲間とも出会えたんだし。

最後、四人の小人はヤカンに揺られどんぶらこ。

当然、川下に向かうことになる。水中には巨大な魚。
空にはトンビ。小人たちの天敵でいっぱいだ。

いつのまにかコンクリートで固められた
下水溝に流されている。人里が近くなる。

彼らの悲劇的な結末を
暗示するものばかりが登場する。

先行きは非常に厳しい。
しかし、それと平行して描かれる
アリエッティの晴れ晴れとした表情。

そして生活能力の非常に高そうな
スピラー少年の存在。

希望の灯はまだついえたわけじゃない。
何にせよ、生きていくしかないのだ。

そうして我々は翔と同様、勇気を受け取る。
またジブリ映画を観ようと心にちかう。

三回目、行っちゃおうかなあ。
背景も、表情も素晴らしすぎるから
二回観たくらいでは追いつかない。

とにかく一日も早いDVD発売を熱烈希望!

あとがき。。。。。。。。。。。。。
twitterでこんな問題を見かけました。

【聞違い探し】左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左左

ミステリのジャンルに例えると、
いわゆるメタミステリ?