落合博満

雑記

最近観た映画6本。『普通の人々』『スリング・ブレイド』『怒りの荒野』他

最近観た映画6本。 『スリング・ブレイド SLING BLADE』 監督:脚本:主演: ビリー・ボブ・ソーントン 12歳の時に自分の母親とクラスメイトを殺害した主人公。 数十年間病院で暮らした後、社会復帰します。 ...
断酒

「適度な飲酒は健康に良い」というのはウソ。

お酒にまつわる「痛い」ことばを集めてみました。 今のところなんとか断酒を続けられている管理人ですが、 いつ落とし穴にはまるかも分かりません。 これらの言葉を、同じ苦しみを抱えている人たちと シェアしあって、いっしょにがんばってい...
雑記

ついポチってしまう。うまいこと言う出だし10選。2018年12月

文章の書き出しがうますぎて、ついポチってまう。そんなエントリを集めてみました。1「募金集めて娘とディズニー」許されるか。2.三木武夫首相(当時)は1975年の訪米の際…3.「そだねー」が大賞になった新語・流行語のトップテンには「ご飯論法」も入った。
エースをねらえ!

「まだやれる まだじゅうぶんやれる」山本鈴美香・著「エースをねらえ!」03巻

vol.03 めざすは世界一!の巻 関東大会ダブルス1回戦。 何とか勝利をものにした竜崎麗香・岡ひろみペア。 ひろみは試合が終了したとたん、 忘れていた傷の痛みが意識に上ってきて、 その場にへたり込んでしまいます。 ...
本・作家別-あ行

不世出の天才打者。落合博満・著「なんと言われようとオレ流さ」

なんと言われようとオレ流さ 上の写真は、落合博満選手の中の“鬼”が顔を覗かせた瞬間。 いつも泰然としている落合さん。 試合中でさえ、こんな鬼気迫る表情は めったに見せませんでした。 貴重な瞬間です。 二十歳過ぎま...
本・作家別-あ行

「一心同体」落合信子・著 | 落合博満と二人で獲った3度の三冠王。

一心同体 愛と人生、成功のセオリー 落合博満さんがプロ野球選手として現役だった頃、信子夫人がTV中継のゲストとして出演したときのことを覚えている。 「落合は今日は打ちますよ」 ...
本・タイトル別-さ行

「昭和の怪物」なべおさみ・著 | 人間3タイプ。本物、偽者、似非者。

王貞治さんのガンを治した話。ジャンボ尾崎さんの栄光と失墜、そして再起の話。落合博満さんはなぜ三冠王を取れたのかの話。きわめつけは、1974年、の日航ハイジャック事件に遭遇したときの話。内部で何が起こっていたか。報道と真実との格差に愕然。
雑記

2012年3月の読書メーターまとめ。| 落合博満。奥田英朗。東野圭吾。我喜屋優。

今回も、野球関連の本が面白かったです。 現在、熱戦を展開中の春の選抜高校野球は、 本日の時点でベスト4が出そろいました。 強豪校の監督さんというのはどなたも笑顔が素晴らしいですね。 選手がバントを失敗したり、エラーをするとす...
雑記

2012年2月の読書メーターまとめ | 「侵略!イカ娘」「君に届け」「ジブリの哲学」他。

アイウエオ順だとかえって見づらい気もするので、 今回はジャンル別に分けてみました。 「マンガ」 「エンタメ」 「スポーツ」 「小説・エッセイ」 「小川洋子さんのFM番組で取り上げられた本」 といった具合です。 それに...
本・作家別-あ行

「コーチング 言葉と信念の魔術」落合博満・著 | 常に頭を使え。そうすれば道は開ける。

なぜ、バッティングはセンター返しが基本なのか、 なぜ、バックスクリーンは両翼より引っ込んでいるのか、 なぜ、税理士が電卓を叩くより速く、暗算で答えが出せるのか、 などなど、驚くような話が満載でした。 まあ、いちばん驚くべきは、落...
雑記

2012年1月の読書メーター | 村上春樹、落合博満、遠藤保仁、川島永嗣。

人気作家の小川洋子さんがFMでレギュラーを持っていらっしゃって しかもかなりの長寿番組であることを、なんと最近になって知りました。 なんたる情弱! 「TOKYO FM 小川洋子 Panasonic Melodious Library」...
本・作家別-あ行

「采配」落合博満・著 | 今年もぜひユニフォームを!

この本を読んで、ますます落合博満氏のことが好きになりました。 まったくブレがない方ですね。 野球に対する愛がビシビシと伝わってくる内容です。 選手時代はもちろん、監督としても超一流であることを証明した落合氏に (現時点で)オファ...
本・作家別-か行

「スカウト物語 神宮の空にはいつも僕の夢があった」 片岡宏雄。見限った選手が大成。

著者は、立教大学時代、長嶋茂雄の1年後輩。 当時のエピソードだけでもかなり読みごたえがあります。 プロ入団後、現在でいうところの“イップス病"にかかり、二軍落ち。 ブルペン捕手として、金田正一などのパートナーに。 【イップス...
本・作家別-な行

「プロ野球の一流たち」 二宮清純 “国際戦略なき日本野球界への提言”

プロ野球界というのは人生の縮図のようです。 ドラフトで鳴り物入りで入団したものの その後、鳴かず飛ばずで消えてゆく選手。 テスト生から、名球会入りするまでに上りつめ、 その後、指揮官としても輝かしい実績を築き上げた人。 運...
本・タイトル別-あ行

「落合博満 変人の研究」 ねじめ 正一 (著) “松井秀喜の師匠、長嶋茂雄の後継者、各人が様々な位置付けを試みる”

勝負師の真髄とは? ≪野球にはすべて必然的な理屈がある≫ 不敗の戦略を知る男の謎を徹底追求! (帯より) 無口。無愛想。孤高。愛妻家。 そして、野球と勝負の天才。 沈没寸前の日本球界の中で、ただ一人気になる男、落合博満。 名...