楠葉宏三

ロミオの青い空

『ロミオの青い空』第08話「天使からの贈り物」Bパート感想。

『ロミオの青い空』第08話「天使からの贈り物」(1995/03/05)絵コンテ・演出:楠葉宏三,作画監督:井上鋭,佐藤好春,脚本:島田満,ロミオ:折笠愛,ロッシ:安西正弘,エッダ:羽鳥靖子,アルフレド:藤田淑子,ナレーション:池田昌子
ロミオの青い空

『ロミオの青い空』第08話「天使からの贈り物」Aパート感想。

『ロミオの青い空』第08話「天使からの贈り物」Aパート感想。 あらすじ。。。 ロミオ(折笠愛)は、ロッシ親方(安西正弘)の下で暮らしはじめる。 しかし働きはじめていないことを理由に、ごはんを食べさせてもらえない。 見て見...
ロミオの青い空

『ロミオの青い空』第06話「舟が沈む!! 嵐の中の友情」Bパート感想。

あらすじ。。。 ビアンカ(岡村明美)はアルフレド(藤田淑子)の妹だった。 二人は裕福な家に生まれ育ち、幸せに暮らしていた。 ならば、なぜアルフレドはこれから煙突掃除夫になろうとしているのか? それは数年前に起こった、恐ろしい事件(そ...
ロミオの青い空

『ロミオの青い空』第06話「舟が沈む!! 嵐の中の友情」Aパート感想。

あらすじ。。。 荒れ狂うマジョーレ湖に挑むように、無謀にも船を出す“人買い”ルイニ(小村哲生)。 しかし大波に呑み込まれ、あえなく船は転覆、バラバラに。 ぎゅうぎゅう詰めの少年たちは水の中に投げ出されてしまった。 真っ暗な嵐の中、ロ...
ロミオの青い空

『ロミオの青い空』第04話「似顔絵の少年」Bパート感想。

あらすじ。。。 ロミオ(折笠愛)とアルフレド(藤田淑子)は、にぎやかなロカルノの市場までやってきた。 一人の紳士がアルフレドに目をとめる。 ロカルノ日報という小さな新聞社を経営しているカニーロ(岸野一彦)だ。 高額な賞金がかけら...
ロミオの青い空

『ロミオの青い空』第04話「似顔絵の少年」Aパート感想。

『ロミオの青い空』第04話「似顔絵の少年」Aパート感想。 あらすじ。。。 ロミオ(折笠愛)は、煙突掃除夫になるため、ミラノに向かう。 ところが山道の途中で、死神ルイニ(小村哲生)に馬車から降ろされてしまう。 途方に暮れるロミオだ...
ロミオの青い空

『ロミオの青い空』第03話「さよなら・ぼくの村」Bパート感想。

あらすじ。。。 ついにロミオ(折笠愛)が村を離れるときがやってきた。 半年、辛抱すればまた戻ってこれる──。 そう信じていたロミオに、アニタ(丹下桜)が恐ろしい事実を告げる。 今まで煙突掃除夫として買われていって、ぶじに帰ってき...
ロミオの青い空

『ロミオの青い空』第03話「さよなら・ぼくの村」Aパート感想。

あらすじ。。。 父ロベルト(大林隆介)が倒れた。 だが一家には医者にかかるお金などない。 ロミオ(折笠愛)は父のために、身売りする決意を固める──。 (以下、脚本集より引用) ロミオ「ぼく、行くよ」 決心しているその顔。 ...
ロミオの青い空

『ロミオの青い空』第01話「アルプス! 小さな村の大事件」Bパート感想。

あらすじ。。。 スイスの小さな村で、貧しいながらも幸せに暮らしているロミオ(折笠愛)たち。 そこに“死神”と呼ばれる人買いルイニ(小村哲生)が現われた。 ロミオに目をつけるルイニだったが、父親のロベルト(大林隆介)は断固拒否。 ...
ロミオの青い空

『ロミオの青い空』第01話「アルプス!小さな村の大事件」Aパート感想。

1995年に、フジテレビ系列の『世界名作劇場』枠で放映された「ロミオの青い空」を、脚本とDVDを見比べながら、ゆっくりと鑑賞しなおしてみようと思う。 果たして最終話までたどり着けるかどうか、心もとないが。 脚本集を何年かぶりに読み返...
雑記

2012年3月の鑑賞メーター | プリキュア。ドラえもん。ルビッチ。

先月、映画館に出かけた回数はたった2回・・・。 DVDにてエルンスト・ルビッチ三昧だったものですから(汗) でも、簡単に入手できる未見のルビッチ作品が あと2本くらいしかないんですよね。 どこかで全作品を発売していただけませんか? ...
TV、ラジオ

『若草物語 ナンとジョー先生』 #17~#20 各話感想 (完全ネタバレ)

※『ナンジョー』第1話が無料で観られます! 若草物語 ナンとジョー先生 第1話|無料動画 GyaO! (以下、ネタバレしてます!) #17「さよならダン」 学校の二階から火が出ました。大人たちは消火活動に必死です。 何...
TV、ラジオ

『若草物語 ナンとジョー先生』 #13~#16 各話感想 (完全ネタバレ)

TV、ラジオ

『若草物語 ナンとジョー先生』 #09~#12 各話感想 (完全ネタバレ)

TV、ラジオ

『若草物語 ナンとジョー先生』 #05~#08 各話感想 (完全ネタバレ)

#05「小さなバイオリン弾き」雨の午後、プラムフィールドにおとなしそうな男の子が紹介状を携えてやってきた。少年の名前ははナット・ブレイク。流しの音楽家として父と共に放浪生活を続けてきたが、その父が亡くなったため、行く当てを探し求めている。学園の子どもたちは、はやくもナットに興味津々。当のナットは学園に受け入れてもらえるか、不安そう。ジョー先生らは、ナットを快く受け入れることにした。ナンたちはさっそくナットのバイオリンに合わせて大合唱。突然降って湧いた天国のような一日に、号泣するナットだった。