柄本明

監督-か行

『万引き家族』(2018・日本) | 短評。

DVDなら間違いなく2倍速で見ただろう。 だからこそ映画館で鑑賞してよかった。(褒め言葉です) ただ、計算の上で生じた“静謐”ならまだしも、 役者同士のアドリブ合戦による“間延び”は、正直なんとかしてほしい。 いやまあ、あれ...
男はつらいよ

『男はつらいよ 寅次郎の休日』43作目(1990・日本) | ネタバレ感想。

今日、3月16日は笠智衆の命日。 笠 智衆(りゅう ちしゅう、1904年(明治37年)5月13日 - 1993年(平成5年)3月16日)は、日本の俳優。※ Wikipediaより引用 往年の名優を偲んで『男はつらいよ』を鑑賞させていただ...
男はつらいよ

『男はつらいよ ぼくの伯父さん』42作目(1989・日本)笹野高史と吉岡秀隆のカラミは必見。

マドンナ = 後藤久美子 ゲスト = 檀ふみ、夏木マリ、尾藤イサオ (ネタバレしています) 本作の助演男優賞は笹野高史で決まりだ。 寅さんシリーズ…いや、日本映画の「爆笑」名場面ベスト3に入るかというほどの出来映え。 これ...
男はつらいよ

『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』36作目(1985・日本)二十三半の瞳に乾杯。

マドンナ = 栗原小巻 ゲスト = 川谷拓三 これは入魂の一作。 冒頭の夢シーンから気合い入りまくり。 日本人初の宇宙飛行士に大抜擢された寅さん。 宇宙服なのに雪駄を履いているという(笑)。 オシッコをちびったところ...
男はつらいよ

『男はつらいよ 寅次郎恋愛塾』35作目(1985・日本)樋口可南子がやって来る、ほぼ!にち!わぁ!

マドンナ = 樋口可南子 ゲスト = 平田満、初井言榮 寅さん関連本をざっと見てみたが、本作について言及しているものは見つけられなかった。 それはそうかも知れない。 どうも脚本がうまくないようだ。 そんな中で、平田満の...
男はつらいよ

『男はつらいよ 寅次郎真実一路』34作目(1984・日本)寅さんは今日も鞄一つで廃線跡を往く。

マドンナ = 大原麗子 ゲスト = 米倉斉加年 風見章子 津島恵子 辰巳柳太郎 OPは怪獣映画のパロディ。 「ゴジラが現われました!」などと、ライバル映画会社のドル箱スターの名を臆面もなく口にするところに、山田洋次の卓抜したギャグ...
男はつらいよ

『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』17作目(1976・日本)宇野重吉から太地喜和子につなぐ色彩

マドンナ = 太地喜和子 ゲスト = 宇野重吉、岡田嘉子 貧乏老人が実は日本一の画家だったという、落語の名匠ものを地で行く展開。 …と思わせておいて、ひとひねりさせているところが、さすがの山田洋次&朝間義隆ご両人の手練れのなせ...
男はつらいよ

『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』15作目(1975・日本)について2つの撮影エピソード。

マドンナ = 浅丘ルリ子 ゲスト = 船越英二 これをベストワンに挙げる人も多い、シリーズ屈指の人気作。 「『男はつらいよ』といえば“メロン騒動"」 と、その噂は以前からよく耳にしていた。 今回、ようやく観ることが叶っ...
男はつらいよ

『男はつらいよ 寅次郎子守歌』14作目(1974・日本)エキストラの多さが山田洋次映画の特徴。

マドンナ = 十朱幸代 ゲスト = 月亭八方、春川ますみ、上条恒彦 これはシリーズの中では平均点を下回るか。 その中で収穫は春川ますみ。 女っぽさ、情愛の深さにおいて、マドンナを遙かに上回っている。 だが、もしこの人が...
男はつらいよ

『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』13作目(1974・日本)宮口精二、いぶし銀。吉永小百合、可憐に咲く。

マドンナ = 吉永小百合 ゲスト = 高田敏江、宮口精二 観れば観るほど好きになっていく作品。 全48作を見終えたとき、これがベストワンになっているかも知れない。 役者よければ全てよし、という格言はないと思うが、吉永小百...
男はつらいよ

『男はつらいよ 私の寅さん』12作目(1973・日本)の良さが分からなかった子供時代。

マドンナ = 岸惠子 ゲスト = 前田武彦、津川雅彦 これは子供の頃、映画館で観た。 数十年ぶりに再会したことになるわけだが、ほとんど忘れていた。 たしか岸惠子がフランスパンを持って歩くシーンがあったはず……というのだけ...
男はつらいよ

『男はつらいよ 寅次郎夢枕』10作目(1972・日本)先達への敬意を忘れぬ山田洋次監督。

マドンナ = 八千草薫 ゲスト = 田中絹代、米倉斉加年 オープニングテロップを見て緊張が走った。 あの田中絹代が『男はつらいよ』シリーズに出ていたとは! 山田洋次ほど、日本映画を支えてきた先輩への敬意を払う監督はいない...
男はつらいよ

『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』41作目(1989・日本)ネタバレ感想。寅んすふぁあ。

マドンナ = 竹下景子 ゲスト = 淡路恵子、柄本明 ウィーンの街で、柄本明がうっかり信号無視をしてしまうシーンがある。 それを見ていた警官、怒るでもなく、優しくたしなめるだけ。 こんなところにウィーンの人たちの成熟を感じた...
男はつらいよ

『男はつらいよ 旅と女と寅次郎』31作目(1983・日本)ネタバレ感想。人気者もつらいよ。

マドンナ = 都はるみ ゲスト = 藤岡琢也 人気歌手の都はるみが、一般人(?)の渥美清と知り合うという逆シンデレラストーリー。 そうは言っても、どちらも恋心を抱くまでには至っていないように見えた。 つかの間の心の安らぎを求...
男はつらいよ

『男はつらいよ あじさいの恋』29作目(1982・日本)ネタバレ感想。寅さんこそ国の宝。