小澤征爾

音楽

小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ、渾身のブラームス。

サイトウ・キネン・オーケストラの 伝家の宝刀、いわゆる“ブラいち”。 1990年8月10日、ロンドン、 ロイヤル・アルバート・ホールでのライブ。 ブラいちのDVDは他にもあるが、 私はこのバージョンがいちばん好きだ。 ...
本・作家別-あ行

「やわらかな心をもつ」小澤征爾・広中平祐・萩元晴彦・著 | 三人の若き獅子たち。

萩元晴彦氏は日本のテレビ制作者・音楽プロデューサー。テレビマンユニオン初代社長。TBS「オーケストラがやって来た」(司会は山本直純氏)が有名。「やわらかな心をもつ」で、小澤征爾さんと広中平祐さんとの対談を実現させた。2001年9月4日没。
音楽

マエストロ小澤征爾 YouTube 動画3選

マエストロ小澤征爾。2015年、日本人初ケネディ・センター名誉賞を受賞。1998年長野オリンピックで5大陸をつなげての第九を指揮。作家・村上春樹との交流から端を発した大西順子との共演も記憶に新しい。
本・作家別-な行

『のだめカンタービレ』 1~24巻 二ノ宮知子・著 | “お笑い”と”クラシック音楽”のアンビバレントな魅力

舞台は音大。のだめの本名は野田恵。ちょっと野生児みたいなところがあって、人の弁当はかっぱらうし、部屋はゴミ屋敷だし、ピアノは上手いけれど、癖がありすぎるし…という一風変わった女の子。もう一人の主役、千秋真一はエリート中のエリート。陰では"オレ様"と呼ばれているくらいプライドの高い指揮者志望の学生。教授とケンカすることなど屁とも思っちゃいない。
本・作家別-や行

「落語家はなぜ噺を忘れないのか」柳家花緑・著 | 努力を怠らない人。

落語界の貴公子、柳家花緑である。 タイトルから察するに、 記憶術の本かと思ったら、そうでもなかった。 どちらかといえば落語エッセイみたいな。 柳家小三治、古今亭志ん朝、 立川談志、志らく、談春、 桂小金治らのエピソードが...