ダスティン・ホフマン

洋画-サ行

『シェフ_三ツ星フードトラック始めました』失敗したら、世界が終わる。

この映画のために調理の猛特訓を積んだジョン・ファヴローの包丁さばきを見るだけでも価値があります。その“本気”ぶりには感動を覚えずにいられません。では、さっそくあらすじ紹介です。(ネタバレしています!)カール・キャスパーは人気レストランのシェフ長。
洋画-タ行

映画『大統領の陰謀』(1976・アメリカ) | ニクソンを文字で撃つ。

ロバート・レッドフォードの一人語りコメンタリが熱い。 本編より興奮した。 なんでも彼は、ニクソン大統領が辞任に追い込まれるはるか前から、この事件を暴き出した二人の記者、ウッドワードとバーンスタインに映画化を打診していたそうだ。 時期で...
本・タイトル別-さ行

幻の絶版本シド・フィールド・著「シナリオ入門」について私が知っている二、三の事柄

1991年に出されたシド・フィールド・著 「シナリオ入門 映像ドラマを言葉で表現するためのレッスン 別冊宝島144」 が大変な高値をつけている。 今日現在(2015年3月12日)のアマゾンでは5,790円。 2004年に再発売さ...
雑記

2011年6月の鑑賞メーター | 『奇跡』『冷たい熱帯魚』

2011年6月の鑑賞メーター ベスト3は、すんなりと決まりました。 1位『奇跡』 2位『夜の大捜査線』 3位『冷たい熱帯魚』 (以下、アイウエオ順です) 『奇跡』 今年いち押し。笑えて、泣ける。最高! ところで鹿児島...
雑記

2010年 私的ランキング 映画部門 | 1位「ハートキャッチプリキュア」、2位「SP野望篇」

ついに2010年も大晦日を迎えました。 たくさんの素敵な映画と出会えて、 とてもよい年になりましたことを感謝いたします。 では、さっそく個人賞部門から発表です。 (なんかエラそうだな^^;) 2010年作品部門 ...
監督-ら行

『レインマン』Rain Man | 名優ダスティン・ホフマンの独壇場

「自閉症」「サバン症候群」に ついての認識を高めた側面もある映画。 とにかくダスティン・ホフマンの神演技に尽きる。 先週、うちの街のが 「クレイマー、クレイマー」だっただけに尚更。 演技の幅の広さには唖然とするばかり。 ...
洋画-カ行

『クレイマー、クレイマー』Kramer vs. Kramer | 音、椅子、テーマ等を曲解してみる

はじめて観たときは、メリル・ストリープ扮する ジョアンナを何てひどい女だろうと思った。 非常に感情移入しにくいように 作られているからしょうがない。 今日あらためて観てみると、 共感の余地が多分にあった。 最初、夫と...
洋画-サ行

『主人公は僕だった』”Stranger Than Fiction” まじめなウィル・フェレル。

DMMレンタルで「ウィル・フェレル」で検索をかけ、 引っかかった作品を片っ端からウィッシュリストに入れていったので、 主役が彼だということ以外、何の前情報もなし。 なので、「この人、マギー・ジレンホール?」とか 「おお、ダスティ...