「絶対負けられない!!」山本鈴美香・著「エースをねらえ!」11巻

Sumika YAMAMOTO Aim For The ACE! vol. 11

vol. 11 「栄光への旅だちの巻」

生前、宗方仁は親友の桂太悟と約束をしていました。

自分の死後、岡のことを頼む

と。

若い頃の二人は、将来を嘱望される
テニスプレイヤーでしたが、
宗方は病気により引退。

桂は、宗方の体の異変に
気づけなかったことに責任を感じ、
後を追うように引退し、住職となりました。

宗方が亡くなった今、友との約束を果たすべく、
桂はテニス界に戻ってきたのです。

宗方死す、のニュースには報道管制が敷かれました。
渡米中の岡ひろみに動揺を与えないようにとの配慮からです。

その岡ひろみは絶好調。
以前、ストレート負けしたマリア・ヤングに快勝します。

次の相手はアンジー・レイノルズ。

ひろみの心境はちょっと複雑です。
なぜならひろみの新コーチ、レイノルズは、
アンジーの父親なのですから。

しかも彼は愛娘よりも、ひろみのほうに
テニス・プレイヤーとしての将来性を感じているようです。

ひろみ
生命賭けるものが スポーツであれ
芸術であれ 宗教であれ いかなる道であれ
 
その道を旅して いかに魂が成長するか
問うべきは常にその一点!
そして 魂を高めるべく
道を求める時
だれも 手をとるあいてを
親子兄弟などのワクの中では
えらばない
極限の厳しさを
極限の愛情を
最高の世界を求め合い
分かち合う あいてとして
えらばれたのだよ 君は
 
宗方コーチからも
ジャッキーからも
わたしからも!

レイノルズ・コーチの熱い激励を心の糧に、
ひろみは強豪アンジー・レイノルズをも
撃破するのでした。

……この時点で、ひろみは
宗方コーチの死を知りません。

しかし、一緒に渡米した仲間はすでに知っており、
ひろみに気取られないように気づかっています。

その姿が痛ましくもあります。

それにしても、どうやって彼らは
宗方コーチの死を知りえたのでしょうか。

ここが非常に凝った造りとなっています。
一人一人見ていきましょう。

藤堂貴之は、

「今コーチの声が聞こえた」
というひろみのひと言で。

お蝶夫人は、

父親との電話中に、言葉尻から察して。

尾崎は、

お蝶夫人が桂太悟のことを
新コーチだと考えていることから。

千葉は、

先輩の手紙から。

こうしてみると、
直接的に知ったのは千葉くらいなもので、
あとの3人は持ち前のするどい勘で察したわけです。

そして彼らはそのことを口にせず、
お互いに知らないふうを装っています。

しかし、宗方コーチの死を
すでに全員が知っていたと分かる
エピソードがこのあとに起こります。

みんなで食事をしている時、ひろみが
外人選手の後ろ姿を見間違えて、

コーチ!

と走り寄っていったのです。

その瞬間、全員がハッとします。
ハッとするお互いを見て、
みんな知っていたのか……となるわけですが、
いやあ、このあたりの見せ方は
山本鈴美香先生、抜群にうまいです!

次巻あたりで、ひろみがとうとう
宗方コーチの死を知り、悲しむさまを
見なければいけないのがつらいですが……
読み進めていきましょう。。。
 

「エースをねらえ!」01巻「試合なんてものはやってみなけりゃわからないんだぞ」

「エースをねらえ!」02巻「つらくなんかない!! つらくなんかない!!」

「エースをねらえ!」03巻「まだやれる まだじゅうぶんやれる」

「エースをねらえ!」04巻「うまいのと強いのとちがうでしょ」

「エースをねらえ!」05巻「きなさい 死にものぐるいで」

「エースをねらえ!」06巻「いずれ なにもかも思いでになる」

「エースをねらえ!」07巻「やりぬいてみせる! 命をかけても!!」

「エースをねらえ!」08巻「彼女におとる青春はすごすまい!」

「エースをねらえ!」09巻「もう何からも逃げない!」

「エースをねらえ!」10巻「この一球!」

「エースをねらえ!」11巻「絶対負けられない!!」

「エースをねらえ!」12巻「ひろみ 打ちなさい!!」

「エースをねらえ!」13巻「もう あともどりはできない」

「エースをねらえ!」14巻「やればできるんだ!」

「エースをねらえ!」15巻「わたし…がんばります!」

「エースをねらえ!」16巻「夢は死なないのだね 宗方君…!」

「エースをねらえ!」17巻「日本中が君の勝利を祈ってる がんばれ!!」

「エースをねらえ!」18巻(終)「……がんばってきます!」

マンガ「エースをねらえ!」………恐ろしい子!