邦画-は行

「邦画-は行」の記事一覧です。
japanese_movie-the_ha_column_of_the_japanese_syllabary_table_ha_hi_fu_he_ho

監督-さ行

映画『螢の光』(1938) 高杉早苗、輝く。

11月26日は女優・高杉早苗さんの命日です。(たかすぎ さなえ、1918年10月8日 – 1995年11月26日)今年で生誕100年、亡くなられてから23年になります。香川照之さんのお祖母様であります。『螢の光』は高杉さんが19歳の時の作品です。
監督-た行

映画『はやぶさ HAYABUSA』君は燃え尽きた。そして星になった。

2010年6月13日。はやぶさ完全燃焼。 大気圏の中を燃え尽きていく『はやぶさ』の姿に 涙した人も多かったことと思います。 こんなことを言うと、 関係者の方々に怒られてしまいますが、 もし『はやぶさ』が、イトカワから 何...
監督-あ行

杉村春子、名アシスト。映画『晩春』(1949・日本)

久しぶりに『晩春』を観ました。 お父さん子の原節子が嫁ぐ決心をするまでの話、 などという説明はもはや不要の、日本が世界に誇る名作です。 ウィキペディアによると、 “壷”論争とか “父と娘が床の上で”論争とか 今でも盛んなよう...
監督-あ行

『廃市』(1984・日本)…悪くないですね…フフ…

監督-さ行

映画『花形選手』(1937・日本) ネタバレ感想。

何度観ても笑ってしまう。 30代の笠智衆が大学の陸上選手役で出ていて、 本物のアスリートにも引けを取らない走りを見せてくれる。 なのに声は“御前様"なのがおかしい。 笠が扮する谷という学生は実力ナンバーツーのようだ。 ナンバー...
邦画-は行

『同胞 (はらから)』(1975・日本) | 劇団を支持する意味。

「この村の青年会で演劇を主催してみませんか」 そう持ちかけられて、くわしく話を聞くと65万円かかると言う。 「なんで俺たちが金を出して、お前らを食わせてやらねばならねえんだ?」 この反応は当然である。1975年当時の65万といえば...
邦画-は行

映画『僕たちは世界を変えることができない』汗と涙でしぼりだした大河の一滴

はじめ、タイトルだけを見たときは、 ダウナー系のアニメかと勘違いしてしまいました。 その後、サブタイトルが 『But, we wanna build a school in Cambodia.』 と続き、ようやく内容を把握。 とて...
邦画-は行

『映画プリキュアオールスターズDX3』は、なぜ何度観ても面白いのか。

監督-あ行

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』 | 青空、闇、そしてふたたび青空。

邦画-は行

『映画プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!』&『DX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』

私はプリキュアなるものが、この世に存在することを知ってからまだ4ヶ月ほどですので、初めて観るキャラクターもいました。それでも何の違和感もなく楽しめるのがプリキュアのいいところですね。とにかく色が綺麗です。そして格闘シーンが非常にハード。そして決めポーズも決まっています。ストーリー云々より、そこに感動しました。
監督-は行

映画『白夜行』 | 東野圭吾ワールドを完璧に再現。

数年前に原作を読みました。 (私の中では『容疑者Xの献身』と並ぶ大傑作!) そのせいもあるでしょうが、事件の概要が とても分かりやすく整理されていたと思います。 あらすじ。。。質屋のオヤジ(吉満涼太)が 廃ビルの中で刺殺されて...
邦画-は行

『武士の家計簿』 | 仲間由紀恵と西村雅彦の奇跡のコラボ。

封切りから2ヶ月近く経つというのに、 客の入りは上々でした。 とにかく役者陣が豪華。 中村雅俊、草笛光子、松坂慶子、西村雅彦、堺雅人。 その中でもひときわ輝いていたのが仲間由紀恵。 私的2010年主演女優賞に輝いただけのこ...
邦画-は行

『ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』 | 想像を絶するクオリティの高さ

「ハ、ハートキャッチプリキュア、 大人一枚ください…」 ついにカウンターで口に出してしまいました。 シネマイレージのポイント特典で、 一ヶ月間タダで映画観放題中。 ローラー作戦であらかた観終わり、 最後に残ったのがこ...
邦画-は行

『ハウルの動く城』 | 宮崎駿が提示する新たな価値観と決意

あらすじをサワリだけ紹介すると、 人間と魔術師が共存している世界で、 18歳の帽子屋店員ソフィー(倍賞千恵子)は、 美少女の心臓を食らうと噂されているハウル (木村拓哉)とひょんなことから関わりを持つ。 その夜、荒れ地の魔...
邦画-は行

映画『必死剣鳥刺し』|豊川悦司の侠気、吉川晃司の狂気。

映画館に入って驚いた。 年配の方の多いこと、多いこと。 マジで老人会の団体が入っているのかと思った。 最近DVDで観た平山秀幸監督の 「しゃべれどもしゃべれども」がとても よかったので、本作の公開を心待ちにしていた。 し...