洋画-マ行

「洋画-マ行」の記事一覧です。
foreign_movie-the_ma_column_of_the_japanese_syllabary_table_ma_mi_mu_me_mo

監督-ま行

『マイ・インターン』ロバート・デ・ニーロに学ぶ“できる”男の仕事ぶり

こわもてのCEOロバート・デ・ニーロが小娘のアン・ハサウェイを籠絡していく映画かと思ったら、まったく逆でした。ネット・ビジネス界の新星ジュールズ(アン・ハサウェイ)の会社に、熟年インターンとして入ってきたベン(ロバート・デ・ニーロ)がないがしろにされる、というところから映画はスタートします。
監督-あ行

映画『ミツバチのささやき』(1973・スペイン) | 濃”蜜”な死の香り。

見入ってしまいました。 二人の愛らしい姉妹がどうにか無事で生きていてほしいと、 ハラハラし通しでした。 それほど、映画の中に 死の予感が濃密に漂っていました。 いえ、ことによったらあの子たちは どこかの時点で死んでい...
監督-さ行

映画『ミッション:8ミニッツ』(2011・アメリカ) | トンデモ考察。

※ 完全ネタバレしてます! 本編をご覧になった方のみ、この先をお読みください。 ナゾだらけの映画です。 あのラストシーンはどういうことだったのか。 それともうひとつ。 スティーブンスとクリスティーナは最後に助かり、...
監督-さ行

映画『ミッション:8ミニッツ』 | 超絶シチュエーション、そして神展開。

本作は、ストーリーが進むにつれて 真相が徐々に明らかになっていきます。 ですので、ご覧になるのであれば、 前もって情報を仕入れないほど、面白く観られると思います。 では、ほんのさわりだけ紹介。。。 スティーブンス(ジェイク...
洋画-マ行

映画『ミュンヘンへの夜行列車』(1940・イギリス)極上のエンタメはミステリの香りを放つ。

今日はキャロル・リード監督の命日。 (1976年4月25日、満69歳没 Wikipediaより) 『第三の男』が何と言っても有名だけれど、負けず劣らずの傑作『ミュンヘンへの夜行列車』を久しぶりに観てみた。 いやあ、これは絶品。...
洋画-マ行

上質な時間、『モンテカルロ』(1930・アメリカ)

豪華な結婚式。そこにいきなりの雷雨。 いつの間にか花嫁がいない。 かなり年のいった花婿がオロオロしている。 この時、彼は何と言ったか。 「パパ! パパ!」 超大金持ちなのに、なぜ花嫁に逃げられたのか。 この一言ですべ...
洋画-マ行

映画『メリー・ウィドウ』(1934・アメリカ) ルビッチ、全盛期。

モーリス・シュバリエとジャネット・マクドナルドのコンビは 『ラブ・パレード』や『君とひととき』でおなじみ。 『メリー・ウィドウ』は『ラブ~』をさらにスケールアップさせた感じの映画だ。 大使館邸での大舞踏会で数百人が踊るシーンは...
洋画-マ行

映画『街角 桃色の店』(1940・アメリカ) ネタバレ感想。

トム・ハンクスとメグ・ライアンの『ユー・ガット・メール』の元ネタといったほうが通りが良いか。 その前に、ジュディ・ガーランド主演『グッド・オールド・サマータイム』というミュージカル映画としてもリメイクされているようだ。 こちらもぜひ見て...
監督-は行

『麦秋』(1934・アメリカ)56点。ネタバレ感想

それに淀川長治がキング・ビダーを手放しで褒めていたこともあり、これを機会に観てみようかと。 ちなみに クライマックスの水利作業は、明らかにキング・ビダーの『麦秋』の模倣だがお手本に較べると見劣りするのは否定できない。 と...
監督-た行

『猛進ロイド』(1924・アメリカ)99点。ネタバレ感想

戦前の三大喜劇王といえば、チャールズ・チャップリン、バスター・キートン、そしてハロルド・ロイド。 すべての作品を観たわけではないが、この「猛進ロイド」がベストだ。 本作はチャールトン・ヘストン「ベン・ハー」とダスティン・ホフマン「卒業」...
洋画-マ行

映画『マネーボール』| 金か、数字か、人間力か。

あらすじ。。。(ネタバレあります) メジャーリーグ球団アスレチックスの若きGM ビリー・ビーン(ブラッド・ピット)が、 コンピュータがはじき出したデータのみで選手を評価する ピーター(ジョナ・ヒル)という男の理論を、選手獲得に用いま...
洋画-マ行

『マイティ・ソー』 | 宇宙と地球を駆けめぐる神話的エンタメ。

とても楽しめました。 ナタリー・ポートマンが良かったです! それではさっそく2分で分かるあらすじ紹介いきます。 (以下、完全ネタバレです) とても元気で好戦的なソーは、悪く言えばちょいと思慮が足りません。 そんな息子を心配...
洋画-マ行

『マイレージ、マイライフ』|ウディ・ガスリーの「我が祖国」が再び流れる時代

主人公は、ときおりセミナーや講演会を 開くほどの有能なビジネスマン。 アメリカ中を飛び回っている。主な仕事は いろんな会社へ出向き“解雇勧告"すること。 年間300日以上が出張というハードワークを 屁とも思っていない...
監督-か行

『ムーンウォーカー』マイケル・ジャクソン|Moonwalker – Michael Jackson

2009年6月25日に他界したマイケルジャクソン。 一周忌ということでNHK-BS2 衛星映画劇場で放映された。 映画というよりはビデオ・クリップ集に近い。 というか、映画だと思って 観ないほうがよいと思う。 MJファン...
監督-た行

『メラニーは行く!』(2002・アメリカ)|言うほど行っていない。(良い意味で)

ファッション界の新進気鋭のデザイナー、 メラニー(リース・ウィザースプーン)は、 ニューヨーク市長の息子との婚約も決まり、 仕事に恋に順風満帆のようにみえた。 ところが彼女は実は既婚で、 夫婦仲はずっと前から冷え切って 別居...