洋画-ハ行

「洋画-ハ行」の記事一覧です。
foreign_movie-the_ha_column_of_the_japanese_syllabary_table_ha_hi_fu_he_ho

監督-た行

『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』(2011)三河屋さんは元気か。

1960年代のアメリカ、ミシシッピ州。 不当に低い賃金で、 黒人が白人に当たり前のように 差別されていたころの話です。 作家を目指す新聞コラムニスト (エマ・ストーン)と 黒人メイドたちとの交流。 そこから生まれた...
洋画-ハ行

夢を見るには金がいる。『フロリダ・プロジェクト』(2017・アメリカ)

日本でのDVD発売を待ち焦がれていましたが…… 期待が勝ちすぎていたようです。 ちなみに英語字幕無し、 日本語吹き替えも無し、 特典映像は予告編のみです。 テーマパークのそばの安モーテルに住む シングル・マザーと娘が主人...
監督-さ行

映画『二十日鼠と人間』(1992) | かなわぬ夢、それでも夢。

原作はジョン・スタインベック。畏れ多すぎて一作も読んでいない。タイトルからして何だか暗そうで……。しかし、観てよかった。次どうなるのかまったく展開が読めず、最後まで緊張感を保っていられた。
洋画-ハ行

『プリティ・ウーマン』(1990・アメリカ) | 奇跡の一発。

8月31日はリチャード・ギアの誕生日。 数ある代表作の中から『プリティ・ウーマン』を取り上げる。 好きな人は大好き、きらいな人は大きらい。 どのレビュー・サイトを見ても、評価が真っ二つに分かれている。 “マグダラのマリア...
洋画-ハ行

映画『ブレードランナー2049』(2017・米)| 短評。

全体的に安い。 ネオン広告が "SONY"の自社宣伝だったり、 伝説的スターのホログラム出演が、 そっくりさんだったり。 だが、ハリソン・フォードの目は 老いてもなお鋭い。
監督-さ行

映画『陽のあたる場所』(1951・アメリカ) | 星に願うはあなたの死。

3月8日は名匠ジョージ・スティーブンス監督の命日。 代表作は『シェーン』(1953)、『アンネの日記』(1959)、『有頂天時代』(1936)、他多数。 ジョージ・スティーヴンス(George Stevens、1904年12月8日 - ...
洋画-ハ行

映画『花嫁人形』(1919・ドイツ) 「あらゆる点で大成功」ルビッチお気に入りの一本。

100年近く前に作られた映画なのに、めちゃめちゃ面白い。 これほど愛くるしい作品もそうないだろう。 日本語字幕がついていないので、いちいちDVDをとめ、ネットで翻訳しながら観たのだが、それだけの価値は充分あった。 女性恐怖症(?)...
監督-た行

人間やめますか、『巴里の女性』(1923・アメリカ)やめますか

あのエルンスト・ルビッチが衝撃を受けたと言うくらいだから、当時としては斬新な演出がふんだんに盛り込まれているのだろう。 その後、猫も杓子もマネしまくったせいか、今やどこが革新的だったのか分からなくなってしまい、う~んと首をかしげてしまうが。 あらすじは単純。(ネタバレあります!) パリへ駆け落ちしようとする若いカップル。 彼氏のジャンが行けなくなり、マリーは一人で汽車に乗り込む。
洋画-ハ行

映画『復讐は俺に任せろ』(1953・アメリカ)が人道主義を超える日

あらすじ (ネタバレあります!) ダンカンという警察署員が自殺する。 かたわらに警察上層部と悪の組織との癒着を告発した書状を残して。 だが夫人(ジャネット・ノーラン)は自分の懐に入れてしまう。 この書状が打ち出の小槌になり得...
洋画-ハ行

観ると猛勉強したくなる?『ペーパー・チェイス』(1973・アメリカ)

ハーバード大学院法科の学生たちを震え上がらせる名物教授キングスフィールド。 彼につぶされた学生は数多い。 主人公のハートも初日に洗礼を受けるが、めげずに食らいついていく。 彼はスーザンという女性と知り合い、深い仲になる。 だがキ...
洋画-ハ行

大学講師がメジャーリーグで大活躍。『春の珍事』(1949・アメリカ)

タイトルからは想像もつかないが、野球映画です。 木材をよける液体を偶然発明した大学講師がメジャーリーグで活躍するという、楽しいお話。 そんな夢のようなクスリ、ピッチャーなら誰だってほしいだろう。 そこを大学講師に設定したところ...
洋画-ハ行

縁むすびの”紙”さま。『ペーパーハウス 霊少女』(1988・イギリス)

ネットで「隠れた名作」的な評価をされていたので観てみた。 ファンタジーだが、ホラー要素も強くて小心者の私は2度ほど小さく飛び上がってしまった。 あらすじを簡単に説明すると。。。 少女が現実世界ともう一つの世界を行き来する話。 ...
洋画-ハ行

『ぼくの大切なともだち』(2006・フランス) “いい人”修行。

友だちが多いとそんなにえらいのかと。 葬式んとき一人も友だちが来なくたって別にいいじゃん。もう死んでるんだし。 てゆうか葬式自体いらない。 という管理人がお送りしております。 フランソワ(こんな名前ですが中年男です)が悪い人に見...
洋画-ハ行

『バトルシップ』| 日本爆アゲにビックリしました。

こういう映画を観ると、日本のエンタメは アメリカより100年遅れているのかなと思ってしまいます。 『1941』 『インデペンデンス・デイ』 『アルマゲドン』 『トップガン』 『愛と青春の旅立ち』 『ダイ・ハード』 『エイ...
監督-た行

『Black&White/ブラック&ホワイト』| 肉食系アクションコメディ。