洋画-アイウエオ順

「洋画-アイウエオ順」の一覧です。
foreign_movie-alphabetical_order

洋画-サ行

『シェフ_三ツ星フードトラック始めました』失敗したら、世界が終わる。

この映画のために調理の猛特訓を積んだジョン・ファヴローの包丁さばきを見るだけでも価値があります。その“本気”ぶりには感動を覚えずにいられません。では、さっそくあらすじ紹介です。(ネタバレしています!)カール・キャスパーは人気レストランのシェフ長。
監督-ま行

『マイ・インターン』ロバート・デ・ニーロに学ぶ“できる”男の仕事ぶり

こわもてのCEOロバート・デ・ニーロが小娘のアン・ハサウェイを籠絡していく映画かと思ったら、まったく逆でした。ネット・ビジネス界の新星ジュールズ(アン・ハサウェイ)の会社に、熟年インターンとして入ってきたベン(ロバート・デ・ニーロ)がないがしろにされる、というところから映画はスタートします。
監督-は行

『リリィ、はちみつ色の夏』 私たちは「はちみつ色」の肌をしている。

見終わった後、心の「優しさ度数」が2目盛りほど上がっているような、あたたかさに満ちた映画でした。女性作家スー・モンク・キッドのベストセラーを、新進気鋭の女性監督ジーナ・プリンス=バイスウッドが映画化。主役はダコタ・ファニング、クイーン・ラティファら、名だたる女優たち。女性たちによる女性たちのための映画。
監督-た行

『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』(2011)三河屋さんは元気か。

1960年代のアメリカ、ミシシッピ州。 不当に低い賃金で、 黒人が白人に当たり前のように 差別されていたころの話です。 作家を目指す新聞コラムニスト (エマ・ストーン)と 黒人メイドたちとの交流。 そこから生まれた...
洋画-ア行

映画『思ひ出』(1927) 黒澤明も手本にしたルビッチの青春ストーリー

11月30日は、巨匠エルンスト・ルビッチ監督の命日であります。 (Ernst Lubitsch, 1892年1月28日 - 1947年11月30日) というわけで、1927年に発表された、 DVD化されないのが解せないほど素晴らし...
監督-さ行

『大脱走』少年たちはマックイーンに憧れ、大人になっていく。

明日、11月7日は 名優・スティーブ・マックイーンの命日です。 亡くなってから今年でになります。 というわけで、マックイーンといえばこれ! 『大脱走』を観てみましょう。 同じ“脱獄”映画でも、 「パピヨン」に較べて、警備...
監督-さ行

映画『ダーティハリー』(1971) もし犯人が賭けに出ていたら、ハリーは死んでいたのか?

明日は名匠ドン・シーゲル監督の生誕日です。 (Donald "Don" Siegel, 1912年10月26日 - 1991年4月20日) そこで本日は彼の、そして主演の クリント・イーストウッドの代表作でもある 『ダーティハリ...
監督-さ行

『姉妹と水兵』(1944・アメリカ) 32回観ても飽きません。

名前は失念してしまいましたが、 この映画を32回観たと、 ある映画評論家の方がおっしゃっていました。 それが、観ようと思ったきっかけです。 繰り返してみても飽きないのなら 傑作に違いないだろうと。 読みは当たりました...
洋画-タ行

『チャンプ』(1931・アメリカ) | 愛する人のためならがんばれる。

1931年の作品ですから 今から前の映画ということになります。 1979年に、ジョン・ヴォイド主演で リメイクされ、大ヒットしました。 父ちゃんが息子のためにがんばるというこの映画。 あんちゃんが恋人のためにがんばると...
洋画-ア行

『俺たちスーパー・ポリティシャン』“バカ映画”道を突っ走るウィル・フェレル。

『俺たち~』シリーズは大好きで全部見ています。 トム・ハンクス アダム・サンドラー ジム・キャリー ベン・スティラー 皆さん、コメディ・アクターとしてスタートしましたが、 やはりしんどいのでしょう、 だんだんまっとうな...
洋画-カ行

『地上より永遠に』バート・ランカスター、モンゴメリー・クリフト、アカデミー賞ダブル・ノミネート。

明日、10月20日は名優バート・ランカスターの命日です。 (Burt Lancaster, 1913年11月2日 - 1994年10月20日) 亡くなってから今年で目になります。 今回取り上げる『地上より永遠に』での演技は モン...
洋画-ア行

ルビッチとワイルド、夢のコラボ『ウィンダミア夫人の扇』(1925)

世間の評価は非常に高いようだが…うーん、と首をかしげてしまった。 故・淀川長治翁が絶賛していらしたので、皆さま“右に倣え"されたのではないかしらと思ったりして。原作はオスカー・ワイルド。 かの有名な「幸福な王子」の作者でもある。 映画で説明不足と思われる点をできる限り補足しながら、あらすじを見ていきたい。 あらすじ(ネタバレあります!)
洋画-サ行

「捕虜」は「奴隷」ではない。映画『戦場にかける橋』(1957)

『史上最大の作戦』や 『ナバロンの要塞』のような ドンパチ映画だろう、と思っていたら まったく違っていました。 日本軍の捕虜になった英米軍兵士らが 橋の建設を命じられるというお話しです。 早川雪洲演ずる斎藤大佐が、 こ...
洋画-サ行

木陰なき世界のユウウツ。映画『ザ・サークル』(2017・アメリカ)

原作がメチャメチャ面白かったので、 映画を観てみようと思いました。 原作に勝るとも劣らぬ面白さでした。 さっそくあらすじ紹介いってみます。 あらすじ (ネタバレしています!) メイ(エマ・ワトソン)は、大学時代の親友 ...
洋画-ハ行

夢を見るには金がいる。『フロリダ・プロジェクト』(2017・アメリカ)

日本でのDVD発売を待ち焦がれていましたが…… 期待が勝ちすぎていたようです。 ちなみに英語字幕無し、 日本語吹き替えも無し、 特典映像は予告編のみです。 テーマパークのそばの安モーテルに住む シングル・マザーと娘が主人...