監督-た行

「監督-た行」の記事一覧です。
director-the_ta_column_of_the_japanese_syllabary_table_ta_chi_tsu_te_to

監督-た行

『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』(2011)三河屋さんは元気か。

1960年代のアメリカ、ミシシッピ州。 不当に低い賃金で、 黒人が白人に当たり前のように 差別されていたころの話です。 作家を目指す新聞コラムニスト (エマ・ストーン)と 黒人メイドたちとの交流。 そこから生まれた...
邦画-さ行

モノクロームの美、岸田今日子の曲線。映画『砂の女』(1964)

安部公房氏の原作を読むかぎりでは、主人公の女性はどちらかというと醜女で、ちょっと人生に疲れているような感じがあります。だからこそ「穴」に落ちた男は何とかしてそこから逃げたいと思うわけですが、底で待ちかまえているのが、若さと美貌が爆発している岸田今日子さんですから、いくつかのことに目をつぶりさえすれば、こんな生活も悪くない、と考える男の人は少なくないでしょうね。
監督-た行

映画『はやぶさ HAYABUSA』君は燃え尽きた。そして星になった。

2010年6月13日。はやぶさ完全燃焼。 大気圏の中を燃え尽きていく『はやぶさ』の姿に 涙した人も多かったことと思います。 こんなことを言うと、 関係者の方々に怒られてしまいますが、 もし『はやぶさ』が、イトカワから 何...
邦画-た行

あなたはこの問題が解けますか?上田教授だけが解けた難問です。『トリック TRICK 劇場版』(2002)

明日、11月3日は 堤幸彦監督の誕生日です。 ということで、久々に 『トリック 劇場版』を観てみました。 今回はレビューではなく趣向を変えて。。。 劇中、かなり面白い論理クイズがあったので ここに再現してみたいと思います...
監督-た行

人間やめますか、『巴里の女性』(1923・アメリカ)やめますか

あのエルンスト・ルビッチが衝撃を受けたと言うくらいだから、当時としては斬新な演出がふんだんに盛り込まれているのだろう。 その後、猫も杓子もマネしまくったせいか、今やどこが革新的だったのか分からなくなってしまい、う~んと首をかしげてしまうが。 あらすじは単純。(ネタバレあります!) パリへ駆け落ちしようとする若いカップル。 彼氏のジャンが行けなくなり、マリーは一人で汽車に乗り込む。
監督-た行

『ロイドの人気者』(1925・アメリカ) 『大学の若旦那』との共通点、相違点。

昨日観た清水宏監督『大学の若旦那』の元ネタが『ロイドの人気者』だというので、久々に元ネタのほうを観てみる。 関連記事 ; 映画『大学の若旦那』(1933・日本) ネタバレ感想。 国会議員より大学生を、大統領になるよりフットボール・...
洋画-カ行

『華氏451』(1966) もっさいフィーリング。

統制社会の恐ろしさを描くにはいちばん不適任な監督ではないかと思う。 トリュフォーの創る絵は自由でカラフルで、どことなく"楽しさ"がにじみ出ているのだ。 もしスタンリー・キューブリックが手がけたら、それはもう恐ろしい管理社会を構築した...
洋画-サ行

『サイレント・ランニング』(1972・アメリカ) 美しいラスト・カット。

冒頭の花弁、カタツムリ、カメ、カエルの接写から、これは並々ならぬ映画だと感じさせる。 その後に映されるウサギ、これが一番可愛いはずなのに何だか毛がモサモサしていて気持ち悪い(笑)。 いきなり既成概念を破壊されてしまったようだ。 宇...
監督-た行

『猛進ロイド』(1924・アメリカ)99点。ネタバレ感想

戦前の三大喜劇王といえば、チャールズ・チャップリン、バスター・キートン、そしてハロルド・ロイド。 すべての作品を観たわけではないが、この「猛進ロイド」がベストだ。 本作はチャールトン・ヘストン「ベン・ハー」とダスティン・ホフマン「卒業」...
監督-た行

『Black&White/ブラック&ホワイト』| 肉食系アクションコメディ。

監督-た行

映画『1911』| 心の旗はたなびいているか。

最初のシーンから引き込まれました。 秋瑾(しゅうきん)という女性革命家が 市中引き回しの刑(?)に処せられています。 なんでも、この当時の中国には革命という概念さえ なかったそうで、秋瑾は中国の歴史上、初めて 反逆罪が適用され...
監督-た行

映画『もしドラ』 | 説得力に乏しい甲子園ファンタジー。

原作の破綻している部分を 補うことは出来なかったようです。 (以下、ネタバレしてます!) 高校野球部の女子マネージャーが、甲子園を目指して なぜかドラッカーの「マネジメント」を買っちゃった、 という部分には目をつぶるとして...
邦画-た行

『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』 | リセット思想とお色気シーン。

監督-た行

『ハンナ・モンタナ ザ・ムービー』 | 安心のディズニー・ブランド

TV「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」 第1シーズンはたぶん全部観ています。 ディズニーのドラマはほとんどハズレがなく、 いちど見始めたらなかなかやめられません。 映画の出来は、ファンとしては不満はないですが...
洋画-ア行

『雨に唄えば』雨ふってジーン、傘放る。

ジーン・ケリー(ドニー役)と デビー・レイノルズ(キャシー役)が良いのは もちろんのこと、コズモー(※字幕表記)を演じる ドナルド・オコナーが絶品です。 そして、観る回数を重ねるにつれ、リナ役の ジーン・ヘイゲンが好きになって...