本・タイトル別-ま行

「本・タイトル別-ま行」の一覧です。
book_title-the_ma_column_of_the_japanese_syllabary_table_ma_mi_mu_me_mo

本・作家別-な行

東村アキコ「超速!!漫画ポーズ集」感想&模写してみた。

日本一ペン入れが速い 東村アキコ先生の マル秘メソッド大公開! 巻頭のマンガでは、 アシスタントの江畑くんの作品を 東村先生が後ろから覗いています。 「固っっっ!!! お前の絵 固っっっっっ つまようじ 並べて作った工...
本・作家別-さ行

「学べるマンガ100冊」佐渡島庸平、里中満智子ほか・著|短評と備忘録。

私がまだ読んだことのない マンガのみ抽出しました。 いわば個人用備忘録です。 まことにかたじけない。 100冊セレクションの印象としては、 佐渡島庸平氏が選者の一人 だけあって、『モーニング』色が強いかなと。 スポ...
本・作家別-は行

ジェームズ・キャメロンが成功した理由「物語の法則」クリストファー・ボグラー

ジョセフ・キャンベルの「ヒーローズ・ジャーニー」理論を、 どのように現代に用いたら良いのかを教えてくれる本。 が、個人的に為になったのはテオプラストスの、 「キャラクターの30の類型」の解説のほうだった。 皮肉屋、へつらい屋、無駄口屋、粗野な人間、などなど、 2300年たっても人間って変わってないなあと驚かされる。 アリストテレスの弟子、テオプラストスは市場まで出かけ、人間観察したという。 これは今でいうところのプロファイリングではないか。 小池一夫 秋元康 くらたまなぶ などなど日本のそうそうたるクリエイター諸氏もプロファイリングの重要性を説いておられる。
本・作家別-か行

キャプテン翼の面白さの秘密「漫画原作で印税1億円を稼ぐ方法」剣名舞

「漫画原作で印税1億円を稼ぐ方法」剣名舞 サラリーマン、OL、主婦の方々が 気楽に取り組めるよう、 とても平易に書かれていて、 これなら自分にもできそう! という気にさせてくれます。 作者の優...
本・作家別-ま行

『虫眼とアニ眼』養老孟司,宮崎駿・著 | 官能性を呼びさます皮膚感覚

この前初めて映画館でジブリ映画を観た。現在公開中の「借りぐらしのアリエッティ」。宮崎駿氏は企画・脚本で参加している。非常に良かったので、もう一回行くつもり。ようやくワタシにも"宮崎駿"ブームが到来したようだ。(遅すぎるっつーの)本書は数年前にいちど読んだことがある。すっかり忘れてしまっているので再読。まず巻頭カラー20ページにわたるイラストに見入ってしまう。これだけでもう充分に元は取れた気分。
本・作家別-あ行

ジョン・ウッデン名言20連発!「まじめに生きるのを恥じることはない」

10月14日はジョン・ウッデンの生誕日です。 前回のエントリ、 TED動画『ジョン・ウッデン:勝利と成功の違い』の中のジョークの意味がやっと分かった。|23notebookに引き続き ウッデン・コーチを取り上げたいと思います。 ...
本・作家別-ま行

努力すればいくらでも伸びる!村上憲郎・著「村上式シンプル英語勉強法」

もうすぐリアル“翻訳こんにゃく"ができるだろうから、英語は勉強しなくても大丈夫、と思っていたが、待てど暮らせど…。 いつの間にかひとりガラパゴス状態。 完全に時代に取り残されてしまった。 著者の村上憲郎氏がツイートしてくださっている最先端情報も、大部分が英語記事なので、指をくわえて見送るばかり。ああ、情けない。 村上憲郎(@noriomurakami)さん | Twitter こうなったら村上氏の 「誰でも、どこにいても、努力すれば、勉強すればいくらでも伸ばせる」 という言葉にすがるしかない。 洋画を日本語字幕無しで理解できるようになるまで頑張ります! もう遅いなんてことは、絶対に、ない!
本・作家別-は行

「3日食べなきゃ、7割治る!」船瀬俊介・著|プチ断食ダイエットに挑戦してみる。

コンビニやスーパーで菓子パンを見ると、憑かれたようにドカ買いしてしまう。 そんな私にとって、この本はいまのところ防波堤になってくれている。 19時から翌12時まで何も食べないという、17時間プチ断食をやり始めて3日目。 ひさびさに...
本・作家別-あ行

「マンガ原作 感動をつくる法則」大石賢一・著 | 社会の成功者はマンガでは悪役。

本・作家別-あ行

「マンガ原作の書き方 入門からプロまで77の法則」大石賢一・著| 幼児性をバカにしてはいけない。

大石賢一氏は今までに数多くのヒット作を産み出してきた。 「HOTEL」全321話 画・石森章太郎プロ 「STATION」全6巻 画・はしもとみつお 「朝倉くんちょっと!」全22巻 画・石塚夢見 「ラッキーレディ」全5巻 画・綾部...
本・作家別-か行

見えない「升田のごとく」後藤敏彦・著を探しつづけて

本・作家別-あ行

岩崎夏海「『もしドラ』はなぜ売れたのか?」| 太もも?

『もしドラ』はなぜ売れたのか、自分も考えてみたことがある。 答えは、 「表紙で女子高生が太ももをあらわにしているから」 だが、そんな甘いもんじゃなかったことが本書を読んで分かった。 (でもまあそれ狙いの本もチラホラ見かける今日こ...
本・タイトル別-ま行

「舞姫 テレプシコーラ」山岸凉子・著。人生をバレエに捧げる。

バレエ教室の先生を母親に持つ小学生姉妹が主人公のマンガ。 山岸凉子の絵はいつもスッキリしていて美しい。 彼女の代表作というと「日出処の天子」をあげる人が多いが、私は断然「アラベスク」のほうが好きだ。 その「アラベスク」に勝るとも劣...
本・作家別-は行

「マスカレード・ホテル」東野圭吾・著 | ホテルウーマン奮闘記?

発売して間もないので、ネタバレ無しの方向で。 とある一流ホテルで殺人が行われる可能性があることが分かり、 数人の刑事がホテルのスタッフになりすまし、警戒することに。 若き刑事と、彼の指導係に任ぜられた女性ホテルマンが、 ...
本・作家別-は行

「真夏の方程式」 東野圭吾・著 | 少年、夏の日に風変わりな物理学者と出会う。

文句なしの五つ星です! 個人的には今まで読んだ東野作品の中で最高傑作。 発売されて間もないのでネタバレなしの方向で。。。 あらすじ。。。 小学5年生の恭平は、夏休みを利用して 伯父のところへ遊びに来ます。 伯父夫婦は緑岩...