本・作家別-な行

「本・作家別-な行」の一覧です。
author-the_na_column_of_the_japanese_syllabary_table_na_ni_nu_ne_no

本・タイトル別-さ行

もう“人災”は起こさない。「『事務ミス』をナメるな!」中田亨

「『事務ミス』をナメるな!」中田亨 3.11原発事故のどの部分までが 人災と呼べるものなのか。 ある程度は明らかになりましたが、 グレー・ゾーンは残っています。 関係者全員が、100パーセント正直に 事実を述べたとも思え...
本・作家別-な行

「病気の9割は歩くだけで治る!」長尾和宏・著 | 幸せを呼ぶウォーキング。

歩くことは糖尿病、高血圧、認知症の予防になります。歩けば頭が良くなり、ダイエットにもなり、病気の9割が治るのですから、こんな得なことはありません。オーディオブックや英単語を聞きながら歩けばキャリアアップにもつながります。
本・タイトル別-さ行

「昭和の怪物」なべおさみ・著 | 人間3タイプ。本物、偽者、似非者。

王貞治さんのガンを治した話。ジャンボ尾崎さんの栄光と失墜、そして再起の話。落合博満さんはなぜ三冠王を取れたのかの話。きわめつけは、1974年、の日航ハイジャック事件に遭遇したときの話。内部で何が起こっていたか。報道と真実との格差に愕然。
本・タイトル別-た行

野口悠紀雄・著「『超』独学法 AI時代の新しい働き方へ」|追いつめられた日本。

私が尊敬している野口悠紀雄氏が新刊を出された。 シュリーマンやフォン・ノイマンなど、『洋書を丸暗記』という豪快なやり方で英語をものするなど、世界の偉人たちの独学方法が紹介されている。 氏は“英語難民”と化した日本の現状にも警鐘を鳴らす。...
本・タイトル別-さ行

「シナリオ構造論」野田高梧・著|『東京物語』が世界1位になったノダ。

本日は脚本家・野田高梧の命日。 (1893年11月19日-1968年9月23日) やはりなんといっても小津安二郎監督との共同執筆作品が有名だ。 中でも『東京物語』は2012年、 「映画史上最高の作品ベストテン」(英国映画協会『S...
本・作家別-な行

西ゆうじ×ひきの真二「華中華」。チャーハン漫画の決定版。

今日は、59歳という若さで惜しまれつつ世を去った西ゆうじ氏の命日である。 鈴木清順監督に師事し、タモリのオールナイトニッポンなどの放送作家を経て、マンガ原作者として多くのヒット作を世に残した。 代表作は「あんどーなつ」「蔵の宿」「華中華...
本・作家別-な行

仲宗根政善・著「ひめゆりの塔をめぐる人々の手記」からの伝言

現在発売されているのは1995年版で、いま私の手元にあるのは1980年版と1951年版である。 本書を読んだ当時は1951年版(タイトルは『沖縄の悲劇』)の存在しか知らず、旧漢字に四苦八苦しながら読んだものだ。 ところが、読みやすく...
本・タイトル別-あ行

マンガ『あんどーなつ 江戸和菓子職人物語』(西ゆうじ・テリー山本)爽やか!なっちゃん奮戦記。

パティシエを目指していた女の子が、ひょんなことから老舗の和菓子屋でバイトをすることになり……というお話。 「ビッグコミックオリジナル」で2005年から2013年まで連載されていたそうだが、私はその間、恥ずかしながら一度も手に取ることが...
本・作家別-な行

「日本男児」 長友佑都・著 | 強い思いが限界を突破する。

日本男児 長友佑都 2010年7月17日、FC東京からチェゼーナへの移籍セレモニーで 「世界一のサイドバックになって帰ってきます」と 長友選手が挨拶したとき、場内から大声援が送られました。 しかし、まさか本当に実現しかかるところ...
本・タイトル別-さ行

「少女ファイト①~⑦」日本橋ヨヲコ・著 | 新感覚!高校女子バレーマンガ

高校女子バレーを題材にした作品。 主人公の大石練(おおいし・ねり)は、 小中学生時代、試合になると戦闘的になりすぎ、 "狂犬"とあだ名されていた。そのせいで 友達ができなかったことがトラウマとなり、 バレーで本気になるこ...
本・作家別-な行

『のだめカンタービレ』 1~24巻 二ノ宮知子・著 | “お笑い”と”クラシック音楽”のアンビバレントな魅力

舞台は音大。のだめの本名は野田恵。ちょっと野生児みたいなところがあって、人の弁当はかっぱらうし、部屋はゴミ屋敷だし、ピアノは上手いけれど、癖がありすぎるし…という一風変わった女の子。もう一人の主役、千秋真一はエリート中のエリート。陰では"オレ様"と呼ばれているくらいプライドの高い指揮者志望の学生。教授とケンカすることなど屁とも思っちゃいない。
本・作家別-さ行

『少年と少女の一週間 借りぐらしのアリエッティ ガイドブック』 スタジオジブリ, ニュータイプ編集部・著

映画「借りぐらしのアリエッティ」が実に素晴らしかったので、もっと深く知りたいと思い、ポチッた。映画を観た人もまだ観ていない人も楽しめる造りになっている。一枚一枚の写真を心ゆくまで堪能できる。またそうせずにはいられない完成度なのだ。映画だと一瞬に過ぎ去ってしまうひとコマに、これだけエネルギーを注ぎ込むのかと、その一流の仕事ぶりには驚嘆するばかり。
本・タイトル別-あ行

一括りにされた東北六県。「あ~ぁ、楽天イーグルス」野村克也・著

野村氏が監督を回顧された理由が、 未だに分からない。 一説には氏の年棒が高すぎるからと 言われているが、球団側では 「野村氏が楽天の監督である事による 経済効果は300億以上」 と言っていたので、それを鑑みると い...
本・タイトル別-た行

「天 – 天和通りの快男児」 (全18巻) 福本伸行

18巻の最初と最後ではまったく違った物語になっている。 一流とは言いがたい腕を持つ男「天」がイカサマ麻雀で 泣き笑いの渡世を凌いでゆく --- という人情話と思いきや、 いつの間にか天は関東で10本の指に入る雀鬼ということになっていて...
本・作家別-な行

「プロ野球の一流たち」 二宮清純 “国際戦略なき日本野球界への提言”

プロ野球界というのは人生の縮図のようです。 ドラフトで鳴り物入りで入団したものの その後、鳴かず飛ばずで消えてゆく選手。 テスト生から、名球会入りするまでに上りつめ、 その後、指揮官としても輝かしい実績を築き上げた人。 運...