本・作家別-か行

「本・作家別-か行」の一覧です。
author-the_ka_column_of_the_japanese_syllabary_table_ka_ki_ku_ke_ko

本・作家別-か行

復讐はショパンの調べ。「1億円と旅する男」感想「Q.E.D. iff -証明終了-」加藤元浩・著

少年マガジンR 2019年5号を購入しました。 紙書籍版でのみ読むことができる「Q.E.D.⇔iff -証明終了-」 (電子版には掲載されておりません。ご注意ください)。 今回のタイトルは「1億円と旅する男」です。 できる限り、...
本・作家別-か行

“彼女の名誉を守れ”「C.M.B.『気の合わないヤツ』」加藤元浩・著(月マガ2019年9月号)感想

月刊少年マガジン2019年9月号が発売されました。 加藤元浩先生の傑作ワールドワイド・ミステリ 「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」も 絶賛連載中です。 今月のタイトルは “Op142: 気の合わないヤツ Incompati...
本・作家別-か行

加藤元浩・著「Q.E.D. 証明終了」のアソビ部分を集めてみました。

「Q.E.D. 証明終了」29巻『動機とアリバイ』より エンドロールの一番上、 音楽担当は「ナニワ・モーツァルト」さんでした。 __________ 「Q.E.D. 証明終了」30巻『人形殺人』より メアドが「うまじる...
本・作家別-か行

泥の中に咲く蓮。「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」‘死体がない!’ 加藤元浩・著

月刊少年マガジン2019年8月号に掲載された 加藤元浩先生の最新作 「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」 ‘Op.141 死体がない! There Are No Corpse!’ をできるだけネタバレなしでレビューさせていただきま...
本・作家別-か行

美しい思い出だけを。「メモリ」感想「Q.E.D. iff -証明終了-」加藤元浩・著

少年マガジンR 2019年4号(6月20日発売) 紙書籍版にのみ収録されている 「Q.E.D. iff -証明終了-」シリーズ最新話 「メモリ」のレビューをさせていただきます。 (若干のネタバレがあります。ご了承くださった方のみ...
本・作家別-か行

蛇行する“石”の謎。「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第41巻 加藤元浩・著

2冊同時に刊行された加藤元浩先生の作品。(2019.6.17) 「Q.E.D. iff -証明終了-」第13巻レビュー に引き続き、 「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第41巻 のレビューをさせていただきます。 「C.M.B....
本・作家別-か行

女盗賊“ルージュ”の完全犯罪。「Q.E.D. iff -証明終了-」第13巻。加藤元浩・著

連作読み切りなので、どこから読んでも面白い 「Q.E.D. iff -証明終了-」第13巻と 「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第41巻。 新刊が2冊まとめてAmazonさんから届きました。 さっそくレビュー行きます。 「...
本・作家別-か行

七夕菊乃 in コミックス「Q.E.D. iff」&「C.M.B.」加藤元浩・著

七夕菊乃 in コミックス 小説「捕まえたもん勝ち!」シリーズは、 マンガでも読むことができます。 現在、少年マガジン系列で絶賛連載中の 「Q.E.D iff -証明終了-」(少年マガジンR)と、 「C.M.B. 森羅博物館の...
本・タイトル別-か行

“あの人”に贈る殺人。「奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!3」加藤元浩・著

休暇で八丈島に遊びにきた“キック”こと七夕菊乃。 数十キロ先の「奇科学島」と呼ばれる島から 舟に乗って流れてきた「生首」と遭遇してしまいます。 それは連続殺人の幕開けでもありました。 「奇科学島」という不思議な名前は、 6...
本・作家別-か行

七夕菊乃vs.量子人間「捕まえたもん勝ち!2」加藤元浩・著

キック、いきなり内定取り消しの危機です。 あざやかに難事件を解決した“キック”こと七夕菊乃、24歳。 警察上層部は、キックが想像以上に 「できる」女であることを思い知らされました。 いつか確実に出世レースで追い抜かれる、 ...
本・作家別-か行

顔はアイドル、武器はめげない気持ち。「捕まえたもん勝ち!」加藤元浩・著

七夕菊乃は高校生の時、ご当地アイドルグループのリーダーとして活躍します。 そのとき作詞家の先生が殺されるという事件に遭遇したことが、彼女の運命を大きく変えたようです。 正義感あふれる菊乃は、運営側のやり方に不満を爆発させ、 高校時...
本・作家別-か行

超弩級の連作短篇マンガ「C.M.B.森羅博物館の事件目録」加藤元浩・著

マイ・ベスト・オブ「C.M.B.森羅博物館の事件目録」 40巻出ています。(2019年5月現在) 連作短編集なので、どこから読んでも面白いです。 以下、マイ・ベスト10です。 第07巻 Op.14: ザ・ターク The Turk ...
本・作家別-か行

今日は命を捨てる日。見城徹, 藤田晋「人は自分が期待するほど~」

正式な書名は「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない」です。構成は、前作「憂鬱でなければ、仕事じゃない」と同じスタイルで、まず見城氏がガツンと持論をかまし、藤田氏がそれに対し「そうそう」とか「私は違います」など意見を述べるというかたちです。
本・作家別-か行

キャプテン翼の面白さの秘密「漫画原作で印税1億円を稼ぐ方法」剣名舞

「漫画原作で印税1億円を稼ぐ方法」剣名舞 サラリーマン、OL、主婦の方々が 気楽に取り組めるよう、 とても平易に書かれていて、 これなら自分にもできそう! という気にさせてくれます。 作者の優...
本・タイトル別-あ行

切なくて、あたたかい。「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス

十数年ぶりに再読しました。 作家・小川洋子さんの番組、 「TOKYO FM Panasonic Melodious Library」で、 "今週の一冊"として、以前取り上げられていたのを知り、 この際もういっぺん読んでみようと思...