本・作家別-は行

「本・作家別-は行」の一覧です。
author-the_ha_column_of_the_japanese_syllabary_table_ha_hi_fu_he_ho

本・作家別-は行

パディントンで英語を学ぼう。「テームズ川へのピクニック」(03-01)

「パディントンの一周年記念」Paddington Helps Out より 「テームズ川へのピクニック」A Picnic on the River その日の朝、目覚めたパディントンは、 何かがいつもと違う感じがして、 2階の窓...
本・作家別-は行

パディントンで英語を学ぼう。「クリスマス」(02-07)

「パディントンのクリスマス」More About Paddington より “クリスマス” CHRISTMAS パディントン、イギリス式「クリスマス」初体験の巻です。 朝起きて、ベッドの下をのぞくと、何とそこには……! Hi...
本・タイトル別-は行

パディントンで英語を学ぼう。「パディントンとクリスマスの買物」(02-06)

「パディントンのクリスマス」More About Paddington より “パディントンとクリスマスの買物” PADDINGTON AND THE CHRISTMAS SHOPPING ブラウン夫人は過去にいちどパディントンを...
本・作家別-は行

パディントンで英語を学ぼう。「三十二番地での災難」(02-05)

「パディントンのクリスマス More About Paddington」 三十二番地での災難 "TROUBLE AT NUMBER THIRTY-TWO" 朝、パディントンが起きると、 外は別世界に変わっていました。 "Lo...
本・作家別-は行

パディントンで英語を学ぼう。「パディントンとたき火」(02-04)

"パディントンのクリスマス / More About Paddington"より 「パディントンとたき火 / PADDINGTON AND THE BONFIRE」 今回のお話しには「ガイ・フォークス」という、 イギリス特有の行事...
本・作家別-は行

パディントンで英語を学ぼう。「怪装事件」(02-02)

「パディントンのクリスマス」より More About Paddington 『怪装事件』 A SPOT OF DECORATING ブラウンさん一家は、急なお呼ばれで 出かけることになりました。 パディントンをひと...
本・作家別-は行

パディントンで英語を学ぼう。「パディントン探偵になる」(02-03)

「パディントンのクリスマス」より “パディントン探偵になる” PADDINGTON TURNS DETECTIVE ブラウンさんが 品評会に出品するつもりで 大切に育てていたカボチャが 何者かに盗られてしまいました。 ...
本・作家別-は行

パディントンで英語を学ぼう。「家族写真」(02-01)

「パディントンのクリスマス」(More About Paddington) 第1話「家族写真」(A FAMILY GROUP)より 買い物上手のパディントンがカメラを安く手に入れました。 ブラウン家の人々は記念写真を撮ってもらうこ...
本・作家別-は行

ジェームズ・キャメロンが成功した理由「物語の法則」クリストファー・ボグラー

ジョセフ・キャンベルの「ヒーローズ・ジャーニー」理論を、 どのように現代に用いたら良いのかを教えてくれる本。 が、個人的に為になったのはテオプラストスの、 「キャラクターの30の類型」の解説のほうだった。 皮肉屋、へつらい屋、無駄口屋、粗野な人間、などなど、 2300年たっても人間って変わってないなあと驚かされる。 アリストテレスの弟子、テオプラストスは市場まで出かけ、人間観察したという。 これは今でいうところのプロファイリングではないか。 小池一夫 秋元康 くらたまなぶ などなど日本のそうそうたるクリエイター諸氏もプロファイリングの重要性を説いておられる。
本・タイトル別-た行

東野圭吾・著「沈黙のパレード」巨匠が本気を出しました。

東野圭吾御大、入魂の一作です。 発売間もないので、あらすじ紹介は出だしのみ、 全体の10%までに抑えさせていただきます。 あらすじ (ネタバレ度 10%) 東京都菊野市。(おそらく晴海市がモデル) とある食堂の娘で、天才的...
本・作家別-は行

萩本欽一・著「野球愛」

「ああそうだね、いまのお前なら打たれるんじゃない?」 と一言言ってあげたの。 そしたら驚いた表情をしながら、 「えっ、どうしてですか?」と聞いてきたので、 「だってお前、『練習終わり』って言ったら、 すぐに帰っちゃってたじゃな...
本・タイトル別-あ行

「あの頃、ティファニーで」ジェイムズ・パタースン/ガブリエル・シャーボネ(著),琴葉かいら(訳) | 心の友だちがいた季節。

天気のよい日曜の午後、オープンカフェでアイスクリームサンデーを味わいながら、ゆっくりと楽しむのにもってこいの現代のラブ・ファンタジー。著者は、ページを繰る手をとめさせない稀代のストーリー・テラー、ジェイムズ・パタースン。心が洗われる一冊。
本・タイトル別-さ行

「守備の極意」チャド・ハーバック・著,土屋政雄・訳 | 一塁に向け、銛を放つ。

タイトルは野球の技術書みたいだが、中身はフィクション。 物語世界の中に、「守備の極意」という名著が存在している。 書いたのは、メジャーリーグの歴史に名を残す内野手。 かなり難解で、抽象的で、哲学テイストな技術書だ。 主人...
本・タイトル別-か行

「ゴーン・ガール」ギリアン・フリン・著,中谷友紀子・訳 | “素顔”を隠して生きる。

出版不況により、ライターを廃業したニックはやむなく都落ち。 妻のエイミーは不満だけれど、付いていくよりしょうがない。 エイミーの両親は童話作家。 80年代に出版した「アメージング・エイミー」は大ヒットした。 シリーズは今も続いて...
本・タイトル別-か行

「ガール・オン・ザ・トレイン」ポーラ・ホーキンズ (著),池田真紀子(訳) | 飲み過ぎには注意しましょう。

2013年における一人語りと、2012年の一人語りがほぼかわりばんこに出てくる。 どちらも女性、どちらも一人称なので、最初とまどった。 この二人は別人。 そこをしっかりつかんでおけば、あとはスムーズに読めた。 ところで「トレイン...