2ヵ月で3,000体デッサンしてみた感想

1日50体デッサンが2カ月つづいたので感想を記しておきます。

結論からいうと、絵が上手くなった実感はあまりありません。
ただ一週間前に描いた自分の絵を見てみると、
死ぬほどヘタだなと思うので、
なにかしら変化はしているかも知れません。

いままでこれほど絵を描いたことはないせいか、
とにかく脳がヘトヘトに疲れて、
熟睡できました。

最近、少し慣れてきたような気もしますが、
5日ほど前から4コマ漫画を公開し始めたら、
またもや脳のヘトヘト感がぶり返しました。

やはり、他人様に見せるとなると
気合いというか、緊張感の度合いが違ってくるのでしょう。

さきほど「長時間」と書きましたが、
50体デッサンのほとんどは2分程度なので、
1日あたり2時間もペンをもっていないと思います。

最初のうちは、恐る恐るという感じで
ペンを小刻みに動かしていました。

参考にさせて頂いたのは
toshi先生の
「ゼロから学ぶプロの技 神技作画」などです。

そういえばむかし
江口寿史先生のポーズ集を買ったなあと思い出し、
引っ張り出しました。

一ヶ月を過ぎたあたりで
東村アキコ先生の「漫画ポーズ集」を購入。

ここに至り、正中線を引くことや、
アタリをとることをやめました。

ただ描くだけでは飽き足らなくなって
ツイッターに投稿し始めました。

さらに顔の部分だけ、漫画のキャラクターにしてみたり。

で、一番最近描いたのが下の絵です。

元の写真と重ねてみると、
いかに対象をみていないかが分かりますね。

バンザイをしている女性を見た瞬間、
グリコのマークのように、両手が同じ角度で
広がっているものと思い込んでしまい、
先入観にとらわれたままで終わってしまいました。

写真を重ねてみるまでは、
これほど元画像と違っているなどとは
思ってもみませんでした。

じつは最近また、アタリをとるようにしています。
それでこのていたらくなのですから目も当てられませんが。

なぜ東村アキコ先生が禁止されている「アタリ」を
わざわざふたたび取るようになったかというと、
出来上がりが、アタリを取ると取らないとでは雲泥の差があるからです。

東村先生が「アタリを取らないように」
と仰っている理由は、マンガを速く仕上げるため
だそうです。

ところが今の私の実力では、
同じ時間をかけるのなら
アタリをとったほうが
明らかに出来上がりがいいのです。

東村メソッドは、今の私には
まだまだ高度すぎるということなのだと思います。

冒頭でも書きましたように、
最近4コマ漫画を描き始めました。
読んでくだされば幸いです。

もし50体デッサンがあと2ヵ月くらい続いたら
そのときまた成果を晒したいと思います。

読んでくださりありがとうございました。

 

no_category
スポンサーリンク
記事をシェアする
コジロムをフォローする
23notebook