『男はつらいよ 寅次郎紙風船』28作目(1981・日本)ネタバレ感想。音無美紀子の凄み。

マドンナ = 音無美紀子

ゲスト = 岸本加世子、小沢昭一

冒頭、いきなりテレビの料理番組が映し出される。
そこに「車寅次郎博士、ノーベル賞受賞」のテロップ。
これには笑ってしまった。

映画の中のテレビ。
テレビの中の臨時ニュース。
すごい凝っているなあ。上手い!

今回は、テキ屋仲間の小沢昭一から、
「オレが死んだら女房をもらってくれ」
と頼まれるという話。

この女房を演じるのが音無美紀子。
むかしは不良だったと本人が言うとおり(もちろん役の上での話です)、ところどころで凄みを見せつける。

まず渥美清が、音無美紀子が働く旅館を訪ねるシーン。
二人が旅館の外で話をしていると、女将が二階の窓を開け、これ見よがしに掃除をし始める。

「いつまでもサボってんじゃないよ」
ということだろう。

しかし音無は動じることなく、女将に背を向けて渥美と話し続ける。
これを見た渥美は、この二人の関係がよろしくないことを見て取ったのだろう、団体客が旅館に入っていっても我関せずの音無に、仕事に戻るように促す。

さらに、音無が「とらや」を訪問する場面。
さくら(倍賞千恵子)やおいちゃん(下條正巳)とけっこう話し込んだ後、おもむろにタバコを取り出す。

「とらや」ファミリーに断わりなく火を付けるところがちょっとすごい。

それを見たさくらが慌てて灰皿を探し出す。
灰皿を確認せずにタバコに火を付けたわけだ。
このたたみかけに、さすが山田洋次監督と唸らされた。

有無を言わせずタバコを吸う感じ。
むかしはかなり鳴らしていたなと想像をかきたてさせる極上の演出と思う。

あらすじ(ネタバレあり)

我らが寅さん(渥美清)が「とらや」に帰ってきた。
ちょうどその日が柴又小学校の同窓会。

蛇蝎のごとく嫌われているのを知ってか知らずか、暴言、罵詈雑言のオンパレード。

泥酔し、クリーニング屋の安男(東八郎)に担がれて帰ってくる。
仕事が残っているからと、帰ろうとする安男を引き留める寅さん。

「店なんかどうなったっていいよ。
そんなケチな店の一軒や二軒つぶれたって、世間は痛くもかゆくも何ともねえよ」

これで安男のみならず、ファミリー全員から愛想を尽かされる。
翌日、寅さんの姿は消えていた。

大分県日田市に流れ着いた寅さん。
愛子(岸本加世子)という18歳の少女と同部屋になり、以後まとわりつかれる。

久留米水天宮の縁日で、たこ焼きの屋台を出している光枝(音無美紀子)が寅さんに声をかけてきた。

夫の“カラスの常”(小沢昭一)が病気で伏せっているという。
さっそく見舞いにいく寅さん。

「オレが死んだら光枝を女房にもらってくれ」

カラスの常の頼みにうなずく寅さんであった。
もちろん光枝はこのことを知らない。

寅さんはその後、愛子を一人残し柴又へ帰っていく。
だが愛子も必死で金を工面して、遅れて「とらや」へやってくる。
しかたなく「とらや」で愛子を預かることに。

そこへ愛子の兄で漁師の謙吉(地井武男)が巨大マグロを持ってやってくる。
店内で大げんかを繰り広げた後、兄妹は故郷へ帰っていった。

カラスの常が亡くなったという知らせが「とらや」に届く。
光枝は現在、東京本郷の旅館で働いているという。
寅さんは飛んでいって、光枝を励ます。

すでに光枝と所帯を持つ気でいる寅さん。
真人間に生まれ変わろうと、就職試験も受けてくる。

「とらや」に遊びに来た光枝を、ファミリーで歓待。
いい雰囲気のまま、光枝を駅まで送っていく寅さん。

ここで光枝が打ち明ける。
カラスの常が、死ぬ間際にこう言ったと。

「オレが死んだら寅と一緒になれ。
話はもうついている」

光枝が寅さんに問いかける。
「寅さん、約束したの? 本気で」

寅さんが答える。
「ほら、病人のいうことだからよ、テキトーに相づちを打ってたのよ」

「ほんと……じゃあ良かった」
と、落胆した表情の光枝。

寅さんの恋は終わった。

いきなり旅に出るという寅さん。
ファミリーが驚いて引き留めているときに、面接の結果を知らせる封筒が届く。

結果だけでも確認しようということになり、おそるおそる開けてみると……結果は不採用だった。

寅さんは笑って店を出る。
おいちゃん(下條正巳)が、手紙をビリビリに破いて床に叩きつける。

正月。
静岡の焼津港では、遠洋漁業に出る船を多くの人たちが見守っている。
その中には、兄を見送る愛子の姿もあった。

愛子の肩を叩く者がいる。
振り向くとそこには寅さんが。
喜ぶ愛子。

別れを惜しむ人々を残し、船は小さくなっていく。

参考リンク ;

北原白秋 朗読 帰去来

男はつらいよ 寅次郎紙風船 – Wikipedia

第28作 男はつらいよ 寅次郎紙風船|寅の巻全作品データベース|『男はつらいよ』|松竹株式会社

男はつらいよ28/寅次郎紙風船/音無美紀子・岸本加世子(1981) ☆☆ : 西澤 晋 の 映画日記

男はつらいよ 寅次郎紙風船 : 二人の女優の名演が光る名作: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-

男はつらいよ 寅次郎紙風船: シネマ大好き

男はつらいよ~寅次郎紙風船 RUU-Blog/ウェブリブログ

山田洋次監督『男はつらいよ 寅次郎紙風船』(1981年) – かぶとむし日記

映画評「男はつらいよ 寅次郎紙風船」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/ウェブリブログ

男はつらいよ 寅次郎紙風船 (Wikipediaより転載)

キャスト
車寅次郎:渥美清
さくら:倍賞千恵子
車竜造:下條正巳
車つね:三崎千恵子
諏訪博:前田吟
たこ社長:太宰久雄
源公:佐藤蛾次郎
御前様:笠智衆
棟梁:犬塚弘
柳:前田武彦
安夫:東八郎
小田島健吉:地井武男
倉富常三郎:小沢昭一
小田島愛子:岸本加世子
倉冨光枝:音無美紀子
満男:吉岡秀隆
旅館(夜明)の女中:杉山とく子
旅館(秋月)の女中:谷よしの
旅館(本郷)の客:関敬六

スタッフ
監督・原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
製作:島津清、佐生哲雄
音楽:山本直純

<男はつらいよシリーズ - 極私的星取り表>

No.01 ★★★★☆ 男はつらいよ (光本幸子、志村喬、広川太一郎)
No.02 ★★★☆☆ 続・男はつらいよ (佐藤オリエ、東野英治郎、ミヤコ蝶々、山崎努)
No.03 ★★☆☆☆ 男はつらいよ フーテンの寅 (新珠三千代、香山美子、河原崎建三、花沢徳衛)
No.04 ★★☆☆☆ 新・男はつらいよ (栗原小巻、財津一郎、三島雅夫、横内正)
No.05 ★★★★☆ 男はつらいよ 望郷篇 (長山藍子、杉山とく子、井川比佐志、松山省二)
No.06 ★★★☆☆ 男はつらいよ 純情篇 (若尾文子、森繁久彌、宮本信子、垂水悟郎)
No.07 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 奮闘篇 (榊原るみ、ミヤコ蝶々、田中邦衛、柳家小さん)
No.08 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎恋歌 (池内淳子、吉田義夫、岡本茉利、志村喬)
No.09 ★★★★★ 男はつらいよ 柴又慕情 (吉永小百合、宮口精二、佐山俊二)
No.10 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎夢枕 (八千草薫、田中絹代、米倉斉加年)
No.11 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (浅丘ルリ子、織本順吉、毒蝮三太夫)
No.12 ★★★☆☆ 男はつらいよ 私の寅さん (岸惠子、前田武彦、津川雅彦)
No.13 ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ (吉永小百合、高田敏江、宮口精二)
No.14 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎子守唄 (十朱幸代、月亭八方、春川ますみ、上條恒彦)
No.15 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎相合い傘 (浅丘ルリ子、船越英二)
No.16 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 葛飾立志篇 (樫山文枝、桜田淳子、米倉斉加年、大滝秀治、小林桂樹)
No.17 ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け (太地喜和子、宇野重吉、岡田嘉子)
No.18 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 (京マチ子、檀ふみ、浦辺粂子)
No.19 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎と殿様 (真野響子、嵐寛寿郎、三木のり平、平田昭彦)
No.20 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎頑張れ! (藤村志保、中村雅俊、大竹しのぶ)
No.21 ★☆☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく (木の実ナナ、武田鉄矢、竜雷太)
No.22 ★★★★☆ 男はつらいよ 噂の寅次郎 (大原麗子、室田日出男、泉ピン子、志村喬)
No.23 ★★★★☆ 男はつらいよ 翔んでる寅次郎 (桃井かおり、湯原昌幸、布施明、木暮実千代)
No.24 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎春の夢 (香川京子、ハーブ・エデルマン、林寛子)
No.25 ※※※※※ 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 (浅丘ルリ子、江藤潤)
No.26 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎かもめ歌 (伊藤蘭、松村達雄、村田雄浩)
No.27 ★★★☆☆ 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 (松坂慶子、芦屋雁之助)
No.28 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎紙風船 (音無美紀子、地井武男、岸本加世子、小沢昭一)
No.29 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 (いしだあゆみ、片岡仁左衛門)
No.30 ★★★☆☆ 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎 (田中裕子、沢田研二、朝丘雪路)
No.31 ★★★☆☆ 男はつらいよ 旅と女と寅次郎 (都はるみ、北林谷栄、中北千枝子、藤岡琢也)
No.32 ★★★★★ 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 (竹下景子、松村達雄、中井貴一、杉田かおる)
No.33 ★★★☆☆ 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 (中原理恵、渡瀬恒彦、佐藤B作、秋野太作)
No.34 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎真実一路 (大原麗子、米倉斉加年、風見章子、津島恵子、辰巳柳太郎)
No.35 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎恋愛塾 (樋口可南子、平田満、初井言榮)
No.36 ★★★★☆ 男はつらいよ 柴又より愛をこめて (栗原小巻、川谷拓三)
No.37 ★☆☆☆☆ 男はつらいよ 幸福の青い鳥 (志穂美悦子、長渕剛、桜井センリ)
No.38 ★★★★☆ 男はつらいよ 知床慕情 (竹下景子、三船敏郎、淡路恵子)
No.39 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎物語 (秋吉久美子、五月みどり、河内桃子)
No.40 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 (三田佳子、三田寛子、尾美としのり、鈴木光枝)
No.41 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎心の旅路 (竹下景子、淡路恵子、柄本明)
No.42 ★☆☆☆☆ 男はつらいよ ぼくの伯父さん (後藤久美子、檀ふみ、夏木マリ、尾藤イサオ)
No.43 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎の休日 (後藤久美子、夏木マリ、寺尾聰、宮崎美子)
No.44 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎の告白 (後藤久美子、吉田日出子、夏木マリ)
No.45 ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎の青春 (後藤久美子、風吹ジュン、永瀬正敏、夏木マリ)
No.46 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎の縁談 (城山美佳子、松坂慶子、島田正吾、光本幸子)
No.47 ★★★★☆ 男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 (牧瀬里穂、かたせ梨乃、小林幸子)
No.48 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎紅の花 (後藤久美子、浅丘ルリ子、夏木マリ、田中邦衛、村山富市、宮川大助・花子)
特別編 [1997.11.22] ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇 (浅丘ルリ子、江藤潤)
TV版 ★★★☆☆ テレビドラマ版 男はつらいよ
番外編
山田洋次監督が語る「森川信」4つのエピソード。『男はつらいよ』 | 23notebook
『男はつらいよ』が嫌い – というエントリの気持ち分かります。 | 23notebook