『男はつらいよ 奮闘篇』07作目(1971) 北の国から田中邦衛がやってきた。

Gin Maeda, Hisao Dazai, Shin Morikawa, Chieko Misaki, Chieko Baisho


マドンナ = 榊原るみ
ゲスト = ミヤコ蝶々、田中邦衛、五代目柳家小さん

小さん師匠は、
のちに人間国宝となられました。

今回の“マドンナ”榊原るみは、
寅さん流に表現すると「ちょっと頭の薄い」女の子を演じています。

寅さんはこの子に惚れて、
真剣に結婚を考えます。

ですが今ひとつ現実味が
乏しいように感じました。

相手は、結婚することの意味を
分かっていないわけですから。

それでも寅さんとだったら、
彼女は幸せになれたのかも知れない、とも思います。

日の暮れかかった河原で
大好きな歌を歌いながら花を摘む花子を、
優しく見守る寅さん……

しかし夢は夢のままに終わってしまいました。

山田洋次監督は本作を
『男はつらいよ』シリーズの
ベスト3に挙げたこともあるそうです。
(シリーズは全48作、数え方により全49作とも)

他の2本は何なのか、知りたいところですよね。

JOQR「みんなの寅さん」より

あるとき、山田監督に『男はつらいよ』シリーズのベスト3を選んで頂いたことがあります。もちろん、そのランキングは、われわれ同様、その時々によって大きく変わると思いますが、その時、山田監督が迷わず選ばれたのが、この第7作『奮闘篇』でした。マドンナは、津軽の少女・太田花子(榊原るみ)。寅さんが静岡県沼津のラーメン屋で出会った女の子です。この店の主人を演じたのが、柳家小さん師匠。落語好きで知られる山田監督は、小さん師匠のために「真ッ二つ」などの新作落語を提供されています。寅さんと小さん師匠のやりとりも堪能できる名場面です。

寅さんシリーズにおいて、本作以外で
落語家さんが出演した作品は、あと一本あります。

『男はつらいよ 柴又慕情』(9作目)で
桂文治師匠が不動産屋さん役で登場しました。
出演当時の芸名は桂伸治でした。

範囲を広げて「山田監督作品で」ということでしたら、
『妻よ薔薇のように 家族はつらいよlll』(2018)
では、九代目林家正蔵師匠がシリーズのレギュラー、
立川志らく師匠がゲストで出演しています。

監督の落語好きが、
キャスティングからもうかがえます。

小さん師匠が演じたのは、
沼津駅前のラーメン屋の店主なのですが、
しゃべり方がいかにも江戸っ子口調なので、
私はずっと、ラーメン屋はてっきり
東京都内にあるものだとばかり思っていました。

あらすじ(ネタバレあり)

我らが寅さん(渥美清)の生みの親・
お菊(ミヤコ蝶々)が、関西から上京してくる。

寅さんとは久しぶりの再会だったが、
残念なことにケンカ別れに終わってしまう。

寅さんも良くないが、お母さんの態度も
あまり褒められたものではなかった。

同席していたさくら(倍賞千恵子)は、
二人の再会が上首尾に終わらなかったことを悲しむ。

お菊さんも少々反省したもよう。

寅さんは傷心を抱えたまま旅へ。

沼津駅前の交番で、警官(犬塚弘)が、
迷子の女の子(榊原るみ)に泣かれて、
困り果てている。

見かねた寅さんが中へ入り事情を聞くと、
女の子はようやく重い口を開いた。

彼女の名は太田花子と言った。

花子は青森から集団就職で上京、
その後、悪い男にだまされたかして
今はバーで働かされているようだ。

寅さんと警官はなけなしの金を出し合い、
花子を青森行きの列車に乗せる。

だが彼女は帰らなかった。
上野駅で途中下車してしまったらしい。

彼女は東京柴又の「とらや」を頼ってやってくる。

困ったことがあったら、ここを訪ねてくるんだぜ

と、寅さんが別れ際によく言い含めておいたのだ。

折よく戻っていた寅さんと、
おいちゃん(森川信)たちファミリーは
親身になって花子の就職の世話をする。

しかし、寅さんがあまりにも花子をかばいすぎ、
それがかえって彼女を職場に居づらくさせ、
結局やめざるをえなくなる、
ということの繰り返しになってしまう。

一同が困り果てているところへ
北の国から……とはいっても富良野ではなく
青森から、花子の母校の先生(田中邦衛)が上京してくる。

先生の真摯な態度にふれたファミリー一同、
花子は故郷へ帰って暮らすのがいちばんと判断する。

寅さんに話を通さずに、事を進めるのは
ちょっと気が咎めるが……。

先生と花子は青森へ帰っていった。

あとから事情を知った寅さんは、やはり大荒れ。

思わず妹のさくらに
手をあげてしまう。

これは叩いた寅さんがいちばん痛かった。
いたたまれず旅に出る。

その後「とらや」に
寅さんからハガキが舞い込む。

消印は青森。
手紙の内容は自殺をほのめかすものだった。

心配になったさくらは青森まで出かける。

まずは先生と花子の元を訪問すると

少し前、寅さんもここを訪ねて来てくれました

とのことだった。

そのときの花子は「とらや」にいた頃とは別人のようで、
寅さんに対し、ほとんど口をきかなかったそう。

そんな花子をみた寅さん、
結婚の夢は独り相撲だったと悟る。

その夜は先生と飲み交わし、
翌朝すぐに発ったという。

兄はどこへ行ったのだろう……

沈痛な面持ちでバスに揺られるさくら。

窓から見える灰色の日本海が
不吉な予感をいやが上にも煽り立てる。

そこに、やけに陽気な男が乗りこんできた。
何と、寅さんである。

すっかり立ち直っている様子の兄を見て、
怒って見せながらも内心ホッとするさくらであった。

(終わり)

松竹 寅さんシリーズ 男はつらいよ 奮闘篇
tora_san_he_good_samaritan (series-07)

監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
音楽:山本直純

キャスト
車寅次郎:渥美清
さくら:倍賞千恵子
花子:榊原るみ
冬子:光本幸子(特別出演)
菊:ミヤコ蝶々
福士先生:田中邦衛
交番のおまわりさん:犬塚弘
ラーメン屋:柳家小さん
諏訪博:前田吟
車つね:三崎千恵子
たこ社長:太宰久雄
満男:中村はやと
源公:佐藤蛾次郎
御前様:笠智衆
車竜造:森川信

<男はつらいよシリーズ – 極私的星取り表>

No.01 ★★★★☆ 男はつらいよ (光本幸子、志村喬、広川太一郎)
No.02 ★★★☆☆ 続・男はつらいよ (佐藤オリエ、東野英治郎、ミヤコ蝶々、山崎努)
No.03 ★★☆☆☆ 男はつらいよ フーテンの寅 (新珠三千代、香山美子、河原崎建三、花沢徳衛)
No.04 ★★☆☆☆ 新・男はつらいよ (栗原小巻、財津一郎、三島雅夫、横内正)
No.05 ★★★★☆ 男はつらいよ 望郷篇 (長山藍子、杉山とく子、井川比佐志、松山省二)
No.06 ★★★☆☆ 男はつらいよ 純情篇 (若尾文子、森繁久彌、宮本信子、垂水悟郎)
No.07 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 奮闘篇 (榊原るみ、ミヤコ蝶々、田中邦衛、柳家小さん)
No.08 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎恋歌 (池内淳子、吉田義夫、岡本茉利、志村喬)
No.09 ★★★★★ 男はつらいよ 柴又慕情 (吉永小百合、宮口精二、佐山俊二)
No.10 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎夢枕 (八千草薫、田中絹代、米倉斉加年)
No.11 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (浅丘ルリ子、織本順吉、毒蝮三太夫)
No.12 ★★★☆☆ 男はつらいよ 私の寅さん (岸惠子、前田武彦、津川雅彦)
No.13 ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ (吉永小百合、高田敏江、宮口精二)
No.14 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎子守唄 (十朱幸代、月亭八方、春川ますみ、上條恒彦)
No.15 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎相合い傘 (浅丘ルリ子、船越英二)
No.16 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 葛飾立志篇 (樫山文枝、桜田淳子、米倉斉加年、大滝秀治、小林桂樹)
No.17 ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け (太地喜和子、宇野重吉、岡田嘉子)
No.18 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 (京マチ子、檀ふみ、浦辺粂子)
No.19 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎と殿様 (真野響子、嵐寛寿郎、三木のり平、平田昭彦)
No.20 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎頑張れ! (藤村志保、中村雅俊、大竹しのぶ)
No.21 ★☆☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく (木の実ナナ、武田鉄矢、竜雷太)
No.22 ★★★★☆ 男はつらいよ 噂の寅次郎 (大原麗子、室田日出男、泉ピン子、志村喬)
No.23 ★★★★☆ 男はつらいよ 翔んでる寅次郎 (桃井かおり、湯原昌幸、布施明、木暮実千代)
No.24 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎春の夢 (香川京子、ハーブ・エデルマン、林寛子)
No.25 ※※※※※ 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 (浅丘ルリ子、江藤潤)
No.26 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎かもめ歌 (伊藤蘭、松村達雄、村田雄浩)
No.27 ★★★☆☆ 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 (松坂慶子、芦屋雁之助)
No.28 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎紙風船 (音無美紀子、地井武男、岸本加世子、小沢昭一)
No.29 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 (いしだあゆみ、片岡仁左衛門)
No.30 ★★★☆☆ 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎 (田中裕子、沢田研二、朝丘雪路)
No.31 ★★★☆☆ 男はつらいよ 旅と女と寅次郎 (都はるみ、北林谷栄、中北千枝子、藤岡琢也)
No.32 ★★★★★ 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 (竹下景子、松村達雄、中井貴一、杉田かおる)
No.33 ★★★☆☆ 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 (中原理恵、渡瀬恒彦、佐藤B作、秋野太作)
No.34 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎真実一路 (大原麗子、米倉斉加年、風見章子、津島恵子、辰巳柳太郎)
No.35 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎恋愛塾 (樋口可南子、平田満、初井言榮)
No.36 ★★★★☆ 男はつらいよ 柴又より愛をこめて (栗原小巻、川谷拓三)
No.37 ★☆☆☆☆ 男はつらいよ 幸福の青い鳥 (志穂美悦子、長渕剛、桜井センリ)
No.38 ★★★★☆ 男はつらいよ 知床慕情 (竹下景子、三船敏郎、淡路恵子)
No.39 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎物語 (秋吉久美子、五月みどり、河内桃子)
No.40 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 (三田佳子、三田寛子、尾美としのり、鈴木光枝)
No.41 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎心の旅路 (竹下景子、淡路恵子、柄本明)
No.42 ★☆☆☆☆ 男はつらいよ ぼくの伯父さん (後藤久美子、檀ふみ、夏木マリ、尾藤イサオ)
No.43 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎の休日 (後藤久美子、夏木マリ、寺尾聰、宮崎美子)
No.44 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎の告白 (後藤久美子、吉田日出子、夏木マリ)
No.45 ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎の青春 (後藤久美子、風吹ジュン、永瀬正敏、夏木マリ)
No.46 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎の縁談 (城山美佳子、松坂慶子、島田正吾、光本幸子)
No.47 ★★★★☆ 男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 (牧瀬里穂、かたせ梨乃、小林幸子)
No.48 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎紅の花 (後藤久美子、浅丘ルリ子、夏木マリ、田中邦衛、村山富市、宮川大助・花子)
特別編 [1997.11.22] ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇 (浅丘ルリ子、江藤潤)
TV版 ★★★☆☆ テレビドラマ版 男はつらいよ
番外編
山田洋次監督が語る「森川信」4つのエピソード。『男はつらいよ』 | 23notebook
『男はつらいよ』が嫌い – というエントリの気持ち分かります。 | 23notebook